「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
モミジイチゴ(紅葉苺)
 モミジイチゴ(紅葉苺)は、バラ科キイチゴ属の落葉低木です。本州の中部地方以北から北海道に分布する日本固有種です。日本の東西で地域変異があり、西日本に母種のナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺)1)、東日本に変種としてのモミジイチゴが分布します。名の由来は、葉がモミジ2)に似ているキイチゴ(木苺)3)である事から。別名のキイチゴ(黄苺)は、黄色の実を付ける事によります。

 バラ科(Rosaceae Juss, 1789)は、南極を除く、ほぼ全ての大陸に約107属3100種が分布します。キイチゴ属(Rubus L. (1753))は、北半球の寒帯から温帯地方に多く、南半球の熱帯山岳地区、北極圏と太平洋の島々にも分布し、400~500種あります。日本には8亜属70種が自生します。

 山野の明るい場所に自生します。地下分枝型の地下茎を伸ばし群生します。茎には3mm程の棘があり、分枝して斜上し、高さ100~200cmになります。葉柄は3~8cm。葉は互生します。長さ7~15cm、幅1.5~2.5cmの卵形で重鋸歯があります。普通、掌状に3~5中裂します。裂片は鋭突。葉裏は葉脈が目立ち棘があります。葉の雰囲気はニガイチゴよりも鋭く見えます。

 花期は4月頃。葉脈から花柄を出し、白色の5弁花を下向きに付けます。萼片は5個で鋭突。花弁は狭楕円型で、花径は2.5~3cm。雄しべ、雌しべは多数。果実は、核果の集合果です。球形で1~1.5cm。黄色に熟し、生食できます。ジュース、モミジイチゴ酒などに加工して用いられる事もあります。種子は1~2mm。黄色く熟するキイチゴ属には、ナガバモミジイチゴやカジイチゴ(梶苺)があります。

1)Rubus palmatus Thunb. var. palmatus
2)ムクロジ科カエデ属、約128種の総称。
3)バラ科キイチゴ属の総称。

Japanese common name : Momizi-itigo
e0038990_19415110.jpg
Rubus palmatus var. coptophyllus (A.Gray) Kuntze ex Koidz. f. coptophyllus (A.Gray) Kuntze ex Matsum.

e0038990_19432349.jpge0038990_19434491.jpg
花は白色の5弁花。萼は5裂して鋭突。

e0038990_19444747.jpge0038990_1944599.jpg
葉は、掌状に3~5中裂する。葉裏は葉脈が目立ち棘がある。

e0038990_2055168.jpge0038990_2061128.jpg
雌しべ周囲を多数の雄しべが取り囲む。枝は斜上して花は下向きに付ける。


モミジイチゴ(紅葉苺)
別名:キイチゴ(黄苺)
バラ科キイチゴ属
学名:Rubus palmatus var. coptophyllus (A.Gray) Kuntze ex Koidz. f. coptophyllus (A.Gray) Kuntze ex Matsum.
花期:4月 落葉低木 樹高:1~2m 花径:2.5~3cm 果期:6~7月

【学名解説】
Rubus : ruber(赤)/キイチゴ属
palmatus : 掌状の
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
var. : varietas(変種)
coptophyllus : 分裂葉の
A.Gray : Asa Gray (1810-1888)
Kuntze : Carl Ernst Otto Kuntze (1843-1907)
ex : ~による
Koidz. : 小泉源一 Gen-ichi Koidzumi (1883-1953)
f. : forma(品種)
Matsum. : 松村任三 Ninzo Matsumura (1856-1928)

e0038990_2122812.gif

撮影地:静岡県静岡市
牛ヶ峰(八十岡ルート) 2008.03.27
牛ヶ峰(水見色ルート) 2008.04.04
牛ヶ峰(谷沢ルート) 2008.04.21
林道慈悲尾線 2011.04.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 31 July 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2016-07-31 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ヒガシニホントカゲ(東日本蜥蜴)
 ヒガシニホントカゲ(東日本蜥蜴)は、トカゲ科トカゲ属のトカゲです。通称、トカゲ(蜥蜴)。本州(東日本)、北海道、ロシア沿海地方に分布します。名の由来は、東日本のトカゲから。トカゲは語源不明で、戸陰(とかげ)、あるいは敏駆(とかけ)からとの説があります。蜥蜴は、中国語から。蝘蜓や石竜子とも表記されます。

 今までニホントカゲとされていたのもは、2012年に新分類1)され、西日本に棲息する種をニホントカゲ(日本蜥蜴)2)とし、東日本に棲息する種は新たにヒガシニホントカゲと命名され区分されました。外部形態3)とDNAバーコード4)による識別形質解析によるものです。東西の境界は滋賀や和歌山付近とされています。本州には、伊豆半島および伊豆諸島に棲息するオカダトカゲ(岡田蜥蜴)5)を加えて、3種類のトカゲがいる事になります。

 山地や日当たりの良い草地等に棲息します。体長は20cm前後で、尾の長さを含めない頭胴長(吻端から 総排出口後端まで)は、孵化幼体が約30mm、成体で約60~80mmです。幼体は黒地に薄茶色の縦縞が背面と側面に5本あり、背の中央線は頭頂部で二分岐します。尾は青色。2~3年で成体となります。成体は胴体と尾が褐色で、暗褐色の縦縞があります。一対の前肢と後肢があり、指は5本で爪があります。

 活動は昼行性です。変温動物のため日光浴で体温を上げ、呼吸を増やして体温を下げます。昆虫や蜘蛛、ミミズ等を捕食します。トカゲの仲間に見られる逃避時の尾の自切は本種でも見られ、自切面から切り離し、その後再生します。

 活動期は3月から10月頃。繁殖期は、4月から5月頃。6月頃に10個程を産卵します。卵は10mm程の長楕円形。7月から8月頃に孵化します。11月頃に巣穴で冬眠に入ります。体鱗数は、26列(24~28列)。オカダトカゲの体鱗列数は、28列(26~30列)です。

 沖縄、トカラ列島には、準絶滅危惧(NT)のオキナワトカゲ(沖縄蜥蜴)Plestiodon marginatus (Hallowell, 1861)がいます。類似種に、カナヘビ科カナヘビ属のニホンカナヘビ(日本金蛇)がいます。

1)Okamoto T & Hikida T (2012) A new cryptic species allied to Plestiodon japonicus (Peters, 1864) (Squamata: Scincidae) from eastern Japan, and diagnoses of the new species and two parapatric congeners based on morphology and DNA barcode. Zootaxa 3436: 1–23.
※Taku Okamoto 岡本 卓(京都大学)、Tsutomu Hikida 疋田 努(1951-)
2)ニホントカゲ(日本蜥蜴)Plestiodon japonicus (Peters, 1864)
3)後鼻板、前額板、後唇板のパターン
4)mtDNA Cytochrome b 遺伝子領域の解析
5)オカダトカゲ(岡田蜥蜴)Plestiodon latiscutatus Hallowell, 1861
※Yaichiro Okada 岡田 彌一郎 (1892-1976)
参考文献:トカゲ属の学名変更~EumecesからPlestiodonへ~ 疋田 努 爬虫両棲類学会報 Vol. 2006 (2006) No.2 P 139-145

Japanese common name : Higasi-nihon-tokage
e0038990_12484218.jpg
Plestiodon finitimus Okamoto et Hikida, 2012

e0038990_1248558.jpge0038990_1249720.jpg
2014.07.11
e0038990_12492298.jpg
2014.07.11
e0038990_12494238.jpg
2014.09.15

e0038990_12495897.jpge0038990_12501090.jpg
左:成体 頭部が婚姻色の赤味を帯びた雄で噛まれた跡が残る(5月)。 右:幼体(9月)。


ヒガシニホントカゲ(東日本蜥蜴)
有鱗目トカゲ亜目トカゲ科トカゲ属
学名:Plestiodon finitimus Okamoto et Hikida, 2012

e0038990_2163229.gif

分布:本州(近畿以東)、北海道、ロシア沿海地方
体長:16~25cm/頭胴長:3~8cm
活動期:3月~10月
産卵期:4月~5月(年1回)
食餌:昆虫、クモ等

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2014.07.11, 2014.09.15, 2015.09.02
帆掛山(Alt. 304m) 2015.05.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 27 May 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2016-05-27 00:00 | その他の生物 | Trackback | Comments(0)