ヤマホトトギス(山杜鵑草)
 ヤマホトトギス(山杜鵑草)は、ユリ科ホトトギス属の多年草です。日本、朝鮮半島、中国に分布します。日本では、岩手県以西の太平洋側、及び長野県に分布します。名の由来は、花にある斑紋が鳥のホトトギス(杜鵑)にある胸の斑紋に似て、山地に生える事から。

 ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ホトトギス属(Tricyrtis Wallich (1826))は、日本・台湾・朝鮮半島等の東アジアに19種が分布、日本には13種が分布します。

 山野の林内に自生します。休眠芽は地中にあります。短い根茎を持ち、茎には下向きの毛があります。草丈は40~70cm。葉は互生します。基部は心形で茎を抱き、長楕円形から長卵形、先端は鋭尖、長さ7~12cm。茎頂1)や葉腋2)から長い柄を出します。これは、この種名の学名macropoda(長い柄の)の由来となっています。

 花期は7月から9月。散房花序3)を出し、花は上向きに咲きます。花被片は内花被片3と外花被片3の6枚で、基部から1/3あたりで強く反り返るのが特長です。白地に紅紫色の斑点模様がまばらにあり、縁側は少ないか全くない場合があります。また、模様や色の個体変異があります。花被片下部には、他のホトトギスの仲間に多く見られる、蜜標である黄橙色の環状の斑紋がありません。外花被片は内花被片より幅が広く、基部には袋状に曲がった3つの距があります。これはホトトギス属の学名Tricyrtis=treis(三)+cyrtos(曲)の由来となっています。距には蜜が貯められています。

 雄しべ花糸は6個で黄白色、斑紋はありません。内3個は雌しべ下に重なり、外に湾曲した先端に葯を付けます。蜜を求めて訪れた虫が花被片に乗った時に花粉を着けやすくする構造になっています。雌しべ花柱は、上部で3裂した後、先端で2裂します。3裂した上部には腺毛状突起が密生します。花柱には紅紫色の斑点がありますが、基部の子房部分は花糸に囲まれていています。長さは1.5~2cm。

 2日間ほど花を咲かせます。雌雄同花、自家和合性があり、雄性先熟の虫媒花。子房上位。子房が成長すると花柱がせり上がってきます。果実は朔果で、種子繁殖します。細長い果実で、内部は3室に別れ、扁平な種子を多数含みます。熟すと先端が3裂して種子を出します。染色体数は、2n=26。

 同属に、よく似たヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)Tricyrtis affinis Makino があります。イガイ目イガイ科の貝に同名のヤマホトトギス(Musculus japonica (Dunker))があります。

1)茎頂(けいちょう):茎の先端
2)葉腋(ようえき):葉のつけ根の茎に面した部分
3)散房花序 (corymb):花軸に複数の花柄が付き、下部の花柄ほど長くなる事で花の位置が平面か半球状に揃う花序。

Japanese common name : yama-hototogisu
e0038990_2249598.jpg
Tricyrtis macropoda Miq.

e0038990_14465743.jpge0038990_14471022.jpg
左:外花被片の基部には3つの距がある/右:花被片の幅が広いのが外花被片

e0038990_1448519.jpge0038990_14482183.jpg
花被片は内花被片3と外花被片3の6枚で、基部から1/3あたりで強く反り返る。
e0038990_14485992.jpg
茎頂や葉腋から柄を出して散房花序を形成する。2008.09.17


ヤマホトトギス(山杜鵑)
ユリ科ホトトギス属
学名:Tricyrtis macropoda Miq.
花期:7月~9月 多年草 草丈:40~70cm 花径:約2.5cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Tricyrtis : treis(三)+cyrtos(曲)/ホトトギス属
macropoda : macropodus(長柄の・太い軸の)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2007.09.17 - 2008.09.27
牛妻不動の滝(静岡市葵区) 2007.09.18
竜爪山(薬師岳 Alt. 1051m) 2008.09.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 June 2009
Last modified: 26 July 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2009-06-24 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/10491892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草) チャボホトトギス(矮鶏杜鵑草) >>