ホトトギス(杜鵑草)
 ホトトギス(杜鵑草)は、ユリ科ホトトギス属の多年草です。北海道から九州にかけて分布する在来種です。名の由来は、花にある斑紋が鳥のホトトギス(杜鵑)にある胸の斑紋に似ている事から。ユリ科(Liliaceae Juss. 1789)は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ホトトギス属(Tricyrtis Wallich, 1826)は、日本・台湾・朝鮮半島等の東アジアに19種が分布し、日本には13種が分布します。

 山野の林内に自生します。休眠芽は地中にあります。短い根茎を持ち、茎には上向きの毛があります。垂れ下がるか直立して、草丈は40~100cmになります。葉は互生します。基部は茎を抱き、長楕円形から披針形、先端は鋭尖で、長さ8~18cm、幅2~5cm。

 花期は9月から10月。散房花序を出し、葉腋に1~3個の花を上向きに咲かせます。花被片は内花被片3と外花被片3の6枚で、長さ約2.5cm、斜め上に開きます。白地に紅紫色の斑点模様が多数あります。花被片下部には、蜜標である環状の黄橙色斑紋があります。外花被の基部には袋状に曲がった3つの距があります。これはホトトギス属の学名Tricyrtis=treis(三)+cyrtos(曲)の由来となっています。距には蜜があります。

 雄しべ花糸は6で紫斑があり、3本は雌しべ下に重なり、湾曲した先端に葯をT字状に付けます。蜜を求めて訪れた虫が花被片に乗った時に花粉を着けやすくする構造になっています。雌しべ花柱は紫斑があり、腺毛状突起が密生し、上部で3裂した後、先端で2裂します。長さ1.5~2cm。4日間ほど花を咲かせます。雌雄同花、自家和合性があり、雄性先熟の虫媒花。子房上位。子房が成長すると花柱がせり上がってきます。果実は朔果で、種子繁殖します。細長い果実で、内部は3室に別れ、扁平な種子を多数含みます。熟すと先端が3裂して種子を出します。染色体数は、2n=26, 24 and 25.Ogihara(1971)。

 他に、白花を咲かせる変種のシロホトトギス(白杜鵑草)Tricyrtis hirta (Thunb.) Hook. f. albescens (Makino) Hiyama があります。よく似ているものに、台湾や西表島に分布するタイワンホトトギス(台湾鵑草)Tricyrtis formosana Baker があり、交雑種も園芸品種として多く出回っています。

Japanese common name : hototogisu
e0038990_2158027.jpg
Tricyrtis hirta (Thunb.) Hook.

e0038990_21581311.jpge0038990_21582415.jpg

左:花柱には紫斑があり、葯はT字状に付く。右:子房が成長して花柱がせり上がる。
e0038990_2159078.jpg
2010.10.23
e0038990_21591378.jpg
2010.10.23


ホトトギス(杜鵑草)
ユリ科 ホトトギス属
学名:Tricyrtis hirta (Thunb.) Hook.
花期:9月~10月 多年草 草丈:40~100cm 花径:約2cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Tricyrtis : treis(三)+cyrtos(曲)/ホトトギス属
hirta : hirtus(短い剛毛のある)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Hook. : William Jackson Hooker (1785-1865)
---
※シロホトトギス(白杜鵑草)
var. : varietas(変種)
albescens : 白味を帯びた
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
---
※タイワンホトトギス(台湾鵑草)
formosana : formosanus(台湾の)
Baker : John Gilbert Baker (1834-1920)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435m) 2008.09.27 / 2010.10.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

23 October 2010
Last modified: 26 July 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2009-07-29 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/10682015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanayuna at 2009-08-17 20:42 x
はじめまして^^

山道の傍らで見つけた、ほんとに小さなはなだったのですが・・
あれこれ調べてみて、ホトトギスかな?
と思いました。
こちらのブログでも、お写真拝見しました^^
私の8.17のブログのホトトギスの写真も見て、
花のお名前どうでしょうか??

花が好きで、時々花の名前の検索をしています。
よかったら、リンクさせてください。時々たずねさせてください。
Commented by pianix at 2009-08-18 11:10
kanayunaさん、こんにちは。

花がお好きのようですね。今後ともよろしくお願いいたします。
初めて対面する花は、名前が知りたくなりますよね。
名前を知ると急に友達になった気がしてきます。
逆に、何にでも名前を付けたがる人間の本性も面白いと思います。

植物は細かいところまで観察しないと分類が難しいので頭を悩ますときがあります。その場でメモをとることはもちろん、写真はあらゆる角度から写すように心がけています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤセウツボ(痩靫) ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草) >>