ハナトラノオ(花虎の尾)
 シソ科の仲間で花が大きいものの一つではないでしょうか。花穂が長いものにトラノオの名称が付きますが、花が大きいので花虎の尾。シソ科らしく茎が四角いので角虎の尾とも。当然、唇形の花は四方に咲く事になります。

 原産地はアメリカで、英名は、Virginia lion's heart。強い性格で、地下茎で繁殖するので、水さえ切らさなければ大丈夫。野生もします。ピンク、白などの花色があります。

【シソ科(Labiatae)】
参考:メハジキ(目弾) ハッカ(薄荷) ウツボグサ(靭草) ホトケノザ(仏の座) ヒメオドリコソウ(姫踊子草)

Japanese common name : Hana-torano-o
e0038990_12523349.jpg
Physostegia virginiana (L.) Benth.
e0038990_12524898.jpg


ハナトラノオ(花虎の尾)
別名:カクトラノオ(角虎の尾)/フィソステギア(Physostegia)
シソ科ハナトラノオ属
学名:Physostegia virginiana (L.) Benth.
花期:7月~9月 多年草 草丈:60~120cm 花穂:10~30cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Physostegia : physa(胞)+stege(蓋をする・蔽う)/ハナトラノオ属
virginiana : virginianus(北米バージニアの)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Benth. : George Bentham (1800-1884)

撮影地:静岡県静岡市
葵区安倍口(植栽) 2005.09.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 4 October 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-04 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1273594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamome516 at 2005-10-05 12:11
おぉ~!絵に書いたように、良く撮れた写真ですよね!
夏の花が終わりを告げて、菊が咲き始めるまでは、
シソ科の植物の王国です。(笑い)
Commented by pianix at 2005-10-05 14:46
絵に描いた餅……だったりして。
カメラの調子が以前からおかしいので、全く思ったように撮れません。
腕のせいか。
「シソ科の植物の王国です」は、全くその通りですね。マメ科も多いですね。で、次に来るキク科の園芸物は、私は全く駄目です。興味が沸かないのです。
Commented by yamome516 at 2005-10-06 11:42
そうか?まめ科の植物も、
実を結ぶ季節を向かえて、頑張っているんだ!(笑い)
植物たちの、生きて戦った秋の実りです。
そんな事を思って眺めて余韻に浸るから?
いつまで立っても、植物の名前が憶えられません!(笑い)
Commented by pianix at 2005-10-08 17:01
人の名前は、いまだに覚えられません。
密やかに一輪だけ花を咲かせる花もあれば、
この花のように盛大に口を開けて虫を誘っている花もありますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ベニスジヒメシャク(紅条姫尺蛾) カワラケツメイ(河原決明) >>