シロバナサクラタデ(白花桜蓼)
 シロバナサクラタデ(白花桜蓼)を見つけたものの、上手に撮れません。次の日、晴れたので再撮影に挑戦したのですが、目的地へ到着した途端、曇ってしまいました。咲いている場所にはヤブ蚊がたくさんいて、厳重に虫除け剤を塗っておいたにもかかわらず、たくさん刺されて痒い思いをしました。近くの木では、ツクツクホウシが盛大に鳴いていました。

 「白い花を咲かせるサクラタデ」という分かりやすい名前ですが、サクラタデとは別種です。花序を大きく湾曲させて花を咲かせます。花びらに見えるのは萼片です。花びらがない単花被花(たんかひか)になります。5つの萼片があり、雌花の花柱は3個です。タデ科の特徴は葉が互生して、托葉(たくよう:茎を包む鞘=葉鞘)がある事です。地下茎を伸ばして増殖していきます。染色体数は、2n=44。

Japanese common name : Shirobana-sakura-tade
e0038990_12372647.jpg
Persicaria japonica (Meisn.) Nakai ex Ohki


シロバナサクラタデ(白花桜蓼)
タデ科イヌタデ属
学名:Persicaria japonica (Meisn.) Nakai ex Ohki
花期:8月~10月 多年草 草丈:30~100cm 花径:3~4mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Persicaria : persica(モモ)に似る/イヌタデ属
japonica : 日本の
Meissn. : Carl Friedrich Meissner (1800-1874)
Nakai : 中井猛之進 Takenoshin Nakai (1882-1952)
ex : ~による
Ohki : 大木麟一 Kiichi Ohki (1882-?)

撮影地:撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.50km 右岸河川敷 2005.10.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 6 October 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-06 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1297422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mico at 2005-10-07 15:34 x
蚊に刺されるのもいとわず撮影した甲斐がありましたね~
バッチリ撮れてますね
Commented by pianix at 2005-10-07 15:46
mico様、領主様、悪代官様。
毎度のコメントありがとうございます。
バッチリ撮れなかったのです。
蚊に刺されるのはまだしも、
今時はスズメバチに刺される危険があります。お気をつけ下さい。
今日、歳を加えたので、20肩は21肩になりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤブマメ(藪豆) ベニスジヒメシャク(紅条姫尺蛾) >>