ヤマジオウ(山地黄)
 ヤマジオウ(山地黄)は、シソ科オドリコソウ属の多年草です。神奈川県以西から九州に分布する在来種です。名の由来は、葉がゴマノハグサ科のジオウ(地黄)に似ていて山に咲く事から。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。オドリコソウ属(Lamium C. Linnaeus, 1753)は、温帯に約40種(Mabberley1997)が分布します。日本には帰化種2を含む6種が分布します。

 山地の木陰に自生します。地下茎は細く、長く伸ばし群生する事があります。栄養繁殖します。茎は下向きの白い毛があって、地を這い、分枝せずに立ち上がって5~10cmになります。葉は対生し、長さ3~7cm、幅2~5cmの倒卵形で、荒い鋸歯があります。両面に白色の毛が密生し、葉脈が深く目立ちます。

 花期は8月。茎頂の葉腋に、淡紅色で白色の縁取りがある唇形花を数個付けます。花冠は長さ15~18mm。蕚は長さ7~8mmで5中裂します。雄しべ4個。果実は裂開果です。4分果となり中軸から裂開します。種子は楕円形で長さ2mm。

 他に、白花品種のシロバナヤマジオウ(白花山地黄)Lamium humile (Miq.) Maxim. f. albiflorum Sugim. があります。

Japanese common name : Yama-ziou
e0038990_1991631.jpg
Lamium humile (Miq.) Maxim.
e0038990_1992888.jpg
花は淡紅色で白色の縁取りがある唇形花。

e0038990_1993820.jpge0038990_199503.jpg
葉は倒卵形で、白色の毛が密生し、荒い鋸歯がある。


ヤマジオウ(山地黄)
シソ科オドリコソウ属
学名:Lamium humile (Miq.) Maxim.
花期:7月~8月 多年草 草丈:5~10cm 花冠長:15~18mm 

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Lamium : laipos(喉)/オドリコソウ属
humile : humilis(低い)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
---
f. : forma(品種)
albiflorum : albiflorus(白花の)
Sugim. : 杉本順一 Junichi Sugimoto (1901-?)

撮影地:静岡県静岡市
高山(牛ヶ峰)Alt.717m 2008.07.22
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

1 October 2010
Last modified: 30 October 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2010-10-01 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/13327293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Cobucim(コブシム) at 2010-10-01 20:02 x
拝見しました。
花冠長というのは花の大きさ、直径と思って良いのでしょうか。
花の専門用語はどうもわかりにくいです。
Commented by pianix at 2010-10-09 12:06
少し不正確な言い方になりますが、
花径は花冠の横幅
花冠長は縦の長さ
と思って下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< キバナアキギリ(黄花秋桐) シロバナイナモリソウ(白花稲森草) >>