スジグロシロチョウ(筋黒白蝶)-2
 翅を閉じた状態のスジグロシロチョウ(筋黒白蝶)です。翅の付け根に黄色い模様があるのが分かります。モンシロチョウと比較すると違いが分かります。この写真は市街地にほど近い場所の河川敷で撮影しました。平地から山地まで幅広く生息している事が分かります。ただ、モンシロチョウよりも暗い環境を好むようです。開けた場所ではなくて影ができる所という意味で、意外にもビルなどがある市街地もその一つになります。

 蝶や蛾は、翅の模様と大きさで大凡の名前が分かります。ところが、翅を閉じた時と広げた時では模様が大幅に違う場合が多いので混乱する事があります。図鑑では両方が掲載されていると思いますが、中にはどちらか片方だけの場合もあるようです。種類によって異なるかもしれませんが、表・裏面どちらの模様が好きかは、個人の趣味によると思います。私は、裏面の模様が好きです。しかし、このスジグロシロチョウの裏面は、あまりインパクトがありませんね。

参考:スジグロシロチョウ(条黒白蝶)-1 モンシロチョウ(紋白蝶)

Japanese common name : Suziguro-sirochou
e0038990_10383452.jpg
Pieris melete melete (Menetries, 1857)


スジグロシロチョウ(筋黒白蝶)
チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科シロチョウ属
学名:Pieris melete melete (Menetries, 1857)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)24~35mm
出現期:4月~10月
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:アブラナ科


【学名解説】
Artogeia : モンシロチョウ属
Pieris : ギリシャ神話の詩の女神/オオモンシロチョウ属(※植物ではアセビ属)
melete : ギリシャ神話ミューズの一人、思索の女神メリテ

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 右岸河川敷 2005.09.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 13 October 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-13 00:00 | | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1417489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花筏… at 2005-11-03 19:08
タイトル : 秋のモンシロチョウと林檎薊(リンゴアザミ)
モンシロチョウと言いったら 菜の花、春 常識では有りません出した 3月から10月頃まで 4ー5回、温暖なところでは7回 卵を産みつけふ化するそうです 秋にモンシロチョウ 珍しいと思って シャッターを切ったのに 普段、いかに、ぼーと自然を見ているのか ブログに掲載するように成ってから 色々、自然の姿に目を配るように成りました 拡大写真へ 自然は芸術!:手作りの『北の森工房』へ... more
Commented by mico at 2005-10-13 13:58 x
羽が白ければモンシロチョウ、黄色ければモンキチョウ・・・
まとめて気軽に名づけていましたが・・・いろいろなんですね。
Commented by pianix at 2005-10-13 18:47
mico様
思わず「人生いろいろ~」と口ずさみそうになります。しかし、この歌、私は知らないので歌えない事に気がつきます。「私は知らない」は、「私走らない」とは違います。
蝶を見て「くじら」等と思わなければ、良いのではないかとアバウトな私は思っています。
とか言いながら、些細な違いを書いている私は……謎
Commented by yamome516 at 2005-10-15 14:58
少しくすんだ感じの、モンシロチョウは、
もう寿命が近い奴だと思っていました。
種類が違うのですね!良く観察して見ます。
Commented by pianix at 2005-10-15 20:26
蝶は近づくのが大変ですよね。なるべく目一杯近づくようにしています。そして逃げられます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ミゾソバ(溝蕎麦) 南京玉簾 >>