スズメノヤリ(雀の槍)
 スズメノヤリ(雀の槍)は、イグサ科スズメノヤリ属の多年草です。日本から東南アジア、東シベリアにかけて分布します。日本では全国に分布する在来種です。名の由来は、頭花の形状が大名行列で使われた毛槍に似る事から。毛槍は、先端に鳥毛の飾りをつけた儀仗用の槍で、大名行列の先頭などで振り歩く時に使われました。スズメは、小さなという意味。中国名は、地楊梅。

 イグサ科(Juncaceae Juss. (1789))は、世界の寒帯から温帯に、7属約430種類が分布します。スズメノヤリ属(Luzula DC. 1805)は、世界の温帯から亜寒帯にかけて約80種が分布し、日本には約10種があります。

 日当たりの良い草地に生育します。地下茎は小さな塊状。この事からシバイモ(芝薯)の別名を持ちます。スズメノヒエ(雀の稗)はイネ科に異種同名があるため混同される恐れがあります。茎は1mm程で細く、叢生[1]して草丈10~30cmになります。葉は根生葉で、長さ7~15cm、幅2~3mmの線形で扁平、葉の縁に白色の長軟毛が多生します。花茎に茎葉が2~3枚付きます。

 花期は、4月から5月頃。茎頂に赤褐色で卵球形の頭花を1個、まれに2~3個つけます。花被片は6枚あり、長さ2.5~3mmの長楕円状披針形で全縁、紫褐色。両性花で雌雄異熟花の雌性先熟[2]です。雌しべは線形で、花柱先端を3裂させて柱頭となります。雄しべは6個で、短い花糸の先に2mm程の線状長楕円形で黄色の葯をつけます。風媒花。

 果実は朔果です。褐色をした倒卵形で花被片と同長の2.5~3mm。2mm弱の種子が3個入っていて、白色の種沈(caruncle)が基部に付いています。この種沈はエライオソーム(Elaiosome)で、蟻を誘因する化学物質(脂肪酸、アミノ酸、糖)からなり、蟻によって運ばれて食べられ、残った種子が発芽する事で生息域を広げます。染色体(分散型動原体[3])数は、2n=12。

 スズメノケヤリ(雀の毛槍)は、ワタスゲ(綿菅)[4]の別名で本種とは異なります。よく似た種に、ヤマスズメノヒエ(山雀の稗)Luzula multiflora Lejeuneがあり、近縁種として、オカスズメノヒエ(丘雀の稗)L. pallidula Kirschner、ヌカボシソウ(糠星草)L. plumosa E.Meyer等があります。

[1] 叢生(そうせい|簇生):群がり生えること。
[2] 雌性先熟 : 雌しべが先に熟して受粉し(雌性期)、後で雄しべが花粉の散布を行う(雄性期)。
[3] 高等真核生物の場合は通常、各染色体に1つずつ1次狭窄の位置に動原体をもっているが、次狭窄が存在せず、染色体全体が動原体として機能するものを分散型動原体(diffuse centromere)と言う。植物では、スゲ属、カヤツリグサ属、スズメノヤリ属、モウセンゴケ属、動物ではチョウやガ、カメムシにある。
[4] ワタスゲ(綿菅) : カヤツリグサ科ワタスゲ属
学名 : Eriophorum vaginatum L. subsp. fauriei (E.G.Camus) A. et D.Love

Japanese common name : Suzume-no-yari
e0038990_2074528.jpg
Luzula capitata (Miq.) Miq. ex Kom.
e0038990_208219.jpg
日当たりの良い草地に叢生する。葉の縁の長い白毛が目立つ。2011.03.27

e0038990_21351048.jpge0038990_21352596.jpg
雌性期。花被片の隙間から雌しべを出す。

e0038990_2137441.jpge0038990_21372245.jpg

雄性期の始まり頃。花被片を広げて葯が伸びてくる。

e0038990_21394290.jpge0038990_2139566.jpg
左:茎葉は2~3枚で茎を抱く。右:雌しべは細く柱頭は3裂する。雄しべは太い黄色。

e0038990_21414091.jpge0038990_21415668.jpg
左:果実は朔果。 右:散布後。

e0038990_21433094.jpge0038990_21435046.jpg
草丈は10~30cm。根生葉は、長さ7~15cm、幅2~3mmの線形。根はごく細い。


スズメノヤリ(雀の槍)
別名:シバイモ(芝薯)/スズメノヒエ(雀の稗)
イグサ科スズメノヤリ属
学名:Luzula capitata (Miq.) Miq. ex Kom.
花期:4月~5月 多年草 草丈:10~30cm 頭花径:8~13mm 花径:4mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Luzula : lux(光)縮小形/スズメノヤリ属
capitata : capitatus(頭状の・頭状花序の)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
ex : ~による
Kom. : Vladimir Leontjevich Komarov (1869-1945)
---
Juss. : Antoine Laurent de Jussieu (1748-1836)
DC. : Augustin Pyramus de Candolle (1778-1841)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川(河川敷・土手) 2006.4.18 - 2011.6.22
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture]

Last modified: 14 August 2011
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2011-08-14 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/14925885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 多摩NTの住人 at 2011-08-15 08:17 x
こんにちは。
お久し振りですね。
スズメノヤリについて良く理解できました。
有り難うございました。
Commented by pianix at 2011-08-15 12:11
多摩NTの住人 さん、ご無沙汰しています。
暑い日が続きますがお元気ですか?
私は、毎日のように大汗をかいて里山散歩をしています。
時にはコンパスと地形図片手に怪しい道を入り込みます。
そんなことをしているので、落ち着いた時間がとれなくなります。
スズメノヤリは、どこにでもたくさん生えているので観察しやすいですね。
小さくて怖くない?ので、私でも近寄ることができます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤブレガサ(破れ傘) シモバシラ(霜柱) >>