ボタンクサギ(牡丹臭木)
 ボタンクサギ(牡丹臭木)は、シソ科クサギ属の落葉低木です。半円球状に花を咲かせるので、遠くから見れば赤い紫陽花の雰囲気です。しかし、葉も、雄花と雌花が長く突きだした花も、クサギそっくりです。当然、葉を揉めば臭い臭いがするのですが、眺める分には別段気になりません。園芸として育てられていますが、性質が強い事から野生化する事もあるようです。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。オドリコソウ属Lamiumに由来する名です。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。旧科名のクマツヅラ科(Verbenaceae Jaume Saint-Hilaire, 1805)は、南半球に約100属3000種が分布します。クサギ属(Clerodendrum L. (1753))は、約100種が知られています。

 余談です。私は花の名前を知りたいと観察に出かけます。花の名前を覚えるのが大変なのに、学名には植物学者の名前が登場します。人の名前を覚えるのが大の苦手なのです。それでも調べようとすると相当の時間がかかってしまいます。海外のサイトに行って訳の分からない言葉と対面し、頭をクラクラさせています。

参考:クサギ(臭木)

Japanese common name : Botan-kusagi
e0038990_20293948.jpg
Clerodendrum bungei Steud.


ボタンクサギ(牡丹臭木)
別名:ヒマラヤクサギ(ヒマラヤ臭木)/ベニバナクサギ(紅花臭木)
シソ科クサギ属
学名:Clerodendrum bungei Steud.
花期:7月~9月 落葉低木 樹高:100~150cm 花序径:10cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Clerodendrum : cleros(運命)+dendron(樹木)=Clerodendron/クサギ属
bungei : Alexander von Bunge (1803-1890)氏の/ウクライナの植物学者
Steud. : Ernst Gottlieb von Steudel (1783-1856)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.75km 左岸土手(植栽) 2005.10.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: June 25, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-22 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1552737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ナミハナアブ(並花虻) フタモンアシナガバチ(二紋脚長蜂) >>