台風一過の里山
 台風や大雨の後は、山が荒れています。先日の台風15号(2011年9月21日、静岡通過)の翌日、里山へ様子を見に行きました。少し高めの山は自重しました。静岡の名称元と言われる賤機山(しずはたやま)は、市民のハイキングコースとして親しまれています。倒木があるものの通過は可能でした。驚く事に、台風翌日だというのに倒木を避けるための遠巻き跡が付けられていました。
e0038990_2373372.jpg
2011.09.24 賤機山 光明坂峠と通称一本杉の間

 帆掛山(ほかけやま)は、霊山寺からの道が通行止めになっていました。倒木が多いためですが、利用する場合は「自己責任」と通行止め表示プレートに書かれていました。で、皆さん登ってきていました。梶原山(かじわらやま)へ続く光鏡院からの登りは、倒木があるものの通行可能で、倒木を利用した階段道まで作られている箇所がありました。この山は地域住民が管理をされたりしているようです。無料奉仕で草刈りや山道補修している人がいて頭が下がります。安倍城跡(あべじょうし)にも倒木がありましたが通行可能でした。山頂の木が裂けて折れていました。
e0038990_142255.jpg
2011.09.23 安倍城跡 山頂の裂けた木

★ ★ ★

 この安倍城跡ですが、2007年9月に通過した台風9号では大量の倒木がでました。太平洋からS字を描いて伊豆半島を縦断し、東北を経て北海道に至った台風です。西ヶ谷・内牧のルートでは、何十本も根こそぎ倒れ、道に覆い被さったので通行はかなり困難でした。くぐれるところは少なく、乗り越えなければならなかったので、2倍近くの時間がかかりました。その後、綺麗に伐採されました。エンジンチェーンソーを担いでの作業は大変だった事と思います。お陰で楽に通行できるようになり喜びました。

e0038990_1162416.jpge0038990_116369.jpg
2007.10.05<安倍城跡 西ヶ谷ルート>2007.10.18

e0038990_1173768.jpge0038990_118398.jpg
2007.10.05<安倍城跡 西ヶ谷ルート>2007.11.13

 倒木だけでなく、崩落もあります。竜爪山の平山ルートでは炭焼平山線を登りますが、2007年7月に旧道と新道の登り口間に崩落があり通行止めとなりました。新道を使いたい人は崩落現場を乗り越えて行くので、はっきりとした踏み跡が付いてしまいました。しかし、かなり大きな岩がぶら下がっている状態で危険でした。いろいろな事情があったのか、この林道は長い間、工事されずに使えない状態でした。
e0038990_123273.jpg
2008.09.18 竜爪山・炭焼平山線 崩落手前側
e0038990_1233983.jpg
2008.09.18 竜爪山・炭焼平山線 崩落手前側

e0038990_1252021.jpge0038990_1253470.jpg
2008.09.25<竜爪山・炭焼平山線 崩落を乗り越えた奥側>2009.03.02


 花沢山(はなさわやま)では、山頂付近で黙々と作業をしている人がいました。綺麗に階段道が作られていました。大きな作業は委託されたプロがやるにしても、山を愛して止まない個人が汗を流しているのを見ると頭が下がります。

e0038990_129248.jpge0038990_1291967.jpg
作業道具<2009.02.12 花沢山>作られた階段道

★ ★ ★

 ある日、チェーンソーの音がするので道を外して竹藪に入っていった事があります。そこでは委託された業者が竹の伐採をやっていました。防塵メガネを始め完全武装したような服装でした。話を伺うと、竹は破裂して身体に刺さる事があるとの事。大怪我をされた仲間もいると、自らの身体の傷を見せてくれました。

 私ができる事と言ったらたかがしれています。鎌でシダを刈って道を明瞭にする事ぐらいです。一番心配するのは、道標を見落としてハイキングコースから外れてしまう人達がいる事です。道を間違えたら元に戻る事が鉄則ですが、慣れていない人は気が付かずにどこまでも行ってしまいます。それを避けるために案内プレートを設置しています。里山でも遭難は起きます。道迷いが多いのではないでしょうか。例え地形図とコンパスを持っていても、それを使う時は涙目になります。秋の行楽シーズンに入りますが、里山だからと言って侮れません。
e0038990_2193445.jpg
地形図とコンパス
e0038990_133687.jpg
道迷いの原因 倒れた道標 2010.01.22


この度の台風により被害に遭われた皆様へ心よりお見舞い申しあげます。

【追記】2011.10.04現在、満観峰の指道標に「日本坂経由、花沢、小坂コースは倒木で大変危険です。鞍掛コースに下って下さい。」との貼り紙あり。

【追記】2011.10.07現在、安倍城跡の西ヶ谷ルートは倒木が除去されて以前と変わらない状態になり、通行が容易になりました。ただし、尾根から急斜面を下るジグザグ道には十分に注意して下さい。

撮影地:静岡県静岡市
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 07 October 2011
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2011-10-02 00:00 | 自然 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/15677034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 多摩NTの住人 at 2011-10-04 21:30 x
こんにちは。そちらの山も台風の被害がすごかったようですね。多摩ニュータウンでも公園の大木が何本もなぎ倒されました。いまだに不安定な樹も残っていて、立入禁止の場所もあります。倒木は自然のことで止むを得ないとは思いますが、従来より気候の変化が激しくなっているのは、人間の自然破壊のせいなのでしょうかね。
Commented by pianix at 2011-10-05 17:18
多摩NTの住人 さん、こんにちは。
どこもかしこも台風の被害が出ていますね。
河川の氾濫、土砂崩れなどで失われた命もあります。
被害に遭われた方達に心からのお見舞いを申しあげます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 台風一過の里山 (2) カナビキソウ(鉄引草) >>