ホソバアキノノゲシ(細葉秋の野芥子)
 ホソバアキノノゲシ(細葉秋の野芥子)は、キク科アキノノゲシ属の1~2年草です。標準和名は、アキノノゲシ。名の由来は、葉がケシ(芥子)に似ているノゲシ(野芥子)の仲間で、葉が細い品種であることから。ノゲシが5月~8月にかけて咲くのでハルノノゲシ(春の野芥子)と呼ばれる事もあるのに対し、アキノノゲシ(秋の野芥子)は9月~11月に咲くので「秋」が付きます。別名のチチクサ(乳草)は、葉や茎などを切ると白い汁が出る事によります。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布します。日本には約70属360種があり、帰化植物は100種以上あります。Asteraceaeは、aster(星)の意味。保留名のCompositae Giseke, 1792は、「合成された」との意味から。アキノノゲシ属(Lactuca L. (1753))は世界に約100種を数え、紀元前4500年のエジプトの墳墓の壁画に描かれているほど古くから知られています。

 秋から生育が目立ち、草丈は150~200cmになります。ノゲシの葉は茎を抱きますが、ホソバアキノノゲシは茎を抱きません。葉に棘があるものをオニノゲシ(鬼野芥子)と言います。アキノノゲシは葉が羽状に分裂していますが、ホソバアキノノゲシの葉は分裂しません。

 花期は9月から11月頃。花色は黄白色(クリーム色)で大きさは2cm程。葉、花ともノゲシとは趣が異なり、属も異なります。同属に野菜のレタス等があり、レタス(lettuce)はラテン語のlactucaからきています。飼料植物のリュウゼツサイ(竜舌菜)はアキノノゲシの変種です。

 秋遅くにできる種子(痩果)には冠毛があり、タンポポのように風に飛ばされ運ばれます。冬はロゼットで越冬します。

ノゲシ(野芥子): Sonchus oleraceus L.
オニノゲシ(鬼野芥子) : Sonchus asper (L.) Hill
リュウゼツサイ(竜舌菜) : Lactuca indica L. var. dracoglossa (Makino) Kitam.
チシャ(萵苣) : Lactuca sativa L. var. angustana Hort.

Japanese common name : Akino-nogesi
e0038990_2042977.jpg
Lactuca indica L.
e0038990_2043949.jpg
ホソバアキノノゲシの葉は羽状分裂しない


ホソバアキノノゲシ(細葉秋の野芥子)
標準和名:アキノノゲシ(秋の野芥子)/別名:チチクサ(乳草)
キク科アキノノゲシ属
学名:Lactuca indica L.
synonym : Lactuca indica L. var. laciniata (Houtt.) H.Hara f. indivisa (Maxim.) H.Hara
synonym : Lactuca indica L. f. indivisa (Makino) Kitam.
花期:9月~11月 1~2年草 草丈:150~200cm 花径:2cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Lactuca : チシャ(萵苣)の古名。葉や茎から乳(lac)を出すことから/アキノノゲシ属
indica : インドの
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
froma : 品種
indivisa : indivisus(分裂しない・連続した)
Makino : 牧野富太郎 omitaro Makino (1862-1957)
Kitam. : 北村四郎 Shirō Kitamura (1906-2002)
---
var. : varietas(変種)
laciniata : laciniatus(補足分裂した)
Houtt. : Maarten Houttuyn (1720-1798)
H.Hara : 原寛 Hiroshi Hara (1911-1986)
f. : forma(品種)
Maxim. : Carl Maximowicz (1827-1891)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.0km 左岸河川敷 2005.10.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

June 25, 2008
Last modified: 28 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-26 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1608614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mico at 2005-10-26 16:03 x
高松塚古墳公園散策の折に見かけました。
のに咲く花も健気で好いですね。
Commented by pianix at 2005-10-26 19:58
mico様
アキノノゲシが少なくなり、ホソバアキノノゲシが多くなった気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛) オオハナアブ(大花虻) >>