マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)
 マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)は、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草です。日本、台湾、中国等に分布し、日本では関東以西から四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、ヤマゴボウ(山牛蒡 Phytolacca acinosa Roxb.)に対して、分果を作らない球果(丸い実)である事から。

 ヤマゴボウ科(Phytolaccaceae R.Brown, 1818)は、世界に22属120種が分布し、日本にはヤマゴボウ属の1属があります。ヤマゴボウ属(Phytolacca C.Linnaeus, 1753)は、熱帯・亜熱帯に約35種が分布します。日本には2種1)が自生し、1種2)が帰化しています。

 山地の林縁に自生します。根は太く塊根状。茎は丸く緑色で、100~150cmに直立します。葉は互生します。長い柄があり、長さ10~15cm、幅5~10cmの長楕円形から卵状長楕円形で、全縁、鋭尖頭、無毛。

 花期は6月から9月。円錐花序を直立してつけます。ヨウシュヤマゴボウと異なり、花序は果期にも下垂しません。花序長は10~20cm。花茎は薄緑で、果期には濃紅色になります。1~3cmの柄の先に花を多数付けます。花は花弁はなく5個の萼片のみで、径約8mm。白から淡紅色で、やがて濃紅色になります。両性花。心皮3)は7~10個で合生(ヤマゴボウは離生)します。葯色は白色です。

 果実は液果です。多心皮の雌しべ7~10個が合着した扁平な球形で、径約8mm。熟すと黒紫色になります。種子は約3mmの腎臓形で光沢がある黒色、同心円状の細い横条線があります。染色体数は、2n=72。

 生薬名をショウリク(商陸)と言い、民間療法で乾燥根を利尿に用います。根には硝酸カリウム(potassium nitrate / KNO3)が含まれます。

1)日本のヤマゴボウ属
ヤマゴボウ(山牛蒡) Phytolacca acinosa Roxb.
synonym : Phytolacca esculenta Van Houtte
マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡) Phytolacca japonica Makino
2)日本に帰化したヤマゴボウ属
ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) Phytolacca americana L.
3)心皮 (carpel):雌しべ(pistil)を構成する特殊な葉。複数の雌しべの集合体。
多心皮の雌しべ:不特定多数の心皮で作られる

参考:ゴボウ(牛蒡)

Japanese common name : Marumino-yamagobou
e0038990_18322270.jpg
Phytolacca japonica Makino

e0038990_18333564.jpge0038990_18335285.jpg
【開花前】 蕾

e0038990_18352880.jpge0038990_18354485.jpg
【花期】 円錐花序に淡紅色萼片5の花を多数付ける。 2008.05.28

e0038990_1837238.jpge0038990_18372118.jpg
【果期】 萼片の色が濃くなる。 2008.07.22

e0038990_18383185.jpge0038990_18384365.jpg
【成熟期】 果実は液果で、熟すと黒紫色になる。 2008.08.08


マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)
ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属
学名:Phytolacca japonica Makino
花期:6月~9月 多年草 草丈:100~150cm 花径:約8mm

e0038990_2163229.gife0038990_23304654.gif

【学名解説】
Phytolacca : phyton(植物)+lacca(深紅色の顔料)/ヤマゴボウ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
高山(牛ヶ峰 Alt.716.9m) 2008.05.28, 2008.07.22, 2008.08.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 17 March 2012
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-03-17 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/17469114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 多摩NTの住人 at 2012-03-18 15:24 x
こんにちは。
ヨウシュヤマゴボウは良く見掛けるのですが、これは初めて見ました。
関東以西ということなら、多摩のどこかにあるかも知れませんね。一度、実物を見てみたいものです。
Commented by pianix at 2012-03-19 07:57
こんにちは。
高尾山にあるかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シマヘビ(縞蛇) ジャコウアゲハ(麝香揚羽) >>