シマヘビ(縞蛇)
 シマヘビ(縞蛇)は、ナミヘビ科ナメラ属の蛇です。北海道、本州、四国、九州に分布する、日本固有種です。名の由来は、縞のあるヘビから。ヘビの仲間(ヘビ亜目)は世界に17科約3000種があると言われています。ナミヘビ(並蛇)科(Colubridae Oppel, 1811)は、南極以外の全大陸に分布します。約2000種があり、ヘビの仲間の約2/3を占めます。ナメラ(滑羅)属(Elaphe Fitzinger, 1833)は、北アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、日本、台湾に分布します。

 有鱗目1)です。日本に分布する蛇の内でアオダイショウに並んで、よく見かける普通種です。平地から山地に生息していますが、環境の変化で山地の分布が多くなったようです。昼行性です。全長は、80~150cmが普通で、200cmに達するものは一部地域に限られ希です。体鱗列数2)は19列。体色は黄褐色から褐色で、4本の黒褐色縦縞があります。これがこの蛇の名の由来です。眼が赤いのが特徴。腹の部分(腹板)は無模様で、白乳色や黄色です。色素の異常による色彩変異も多く、カラスヘビ(烏蛇)と呼ばれる眼も体色も黒色のものや、白色のアルビノ(Albino)変異体があります。

 カエルなどの小動物を餌にします。気は荒い方で攻撃的です。尾を振るわせて威嚇したり、咬みついてくる事があります。毒はありませんが噛まれたら消毒が必要です。繁殖は卵生です。4月から5月頃に交尾をして、7月から8月頃に白色で細長い卵を4~15個生みます。孵化は40~50日間程です。幼蛇は赤味を帯びた体色で赤褐色の横縞模様があります。シマヘビは在来5種中では最も高位の、平均体温と広い体温範囲を有します3)。12月頃に冬眠に入り、3月頃に目覚めます。野生での寿命は約8年とされています。染色体数は、2n=36。

★  ★  ★

 啓蟄の翌日に、山地で2種類のヘビに遭遇しました。気温が上がった日でした。蕗の花にハナアブがいたのを見て、確かに啓蟄だと感じたばかりでした。シマヘビは、ヘビの仲間では春先に一番早く現れるとの事です。冬眠から目覚めて気が荒立っている時期なのでしょうか。カメラを構えただけで、とぐろを巻いて飛びつく動作を何回もしました。ヘビどころか生きもの全般が苦手な私は、早く逃げてくれないかなと願いつつ、今しばらくポーズをとってもらい撮影したいという複雑な思いでした。眼の後ろにある黒色の筋模様はアオダイショウとも似ていますが、眼が赤い事で見分ける事ができます。

1) 有鱗目(ゆうりんもく|Squamata):鱗がある爬虫類で、トカゲやヘビの仲間の総称。
2) 体鱗列数(たいりんれつすう):主に胴の中央部付近で計測した鱗(うろこ)の数で、種の同定に使われる。
3) Body Temperatures of Snakes in the Fields 3. Concluding Remarks HAJIME FUKADA; Japanese Journal of Herpetology 13 (4): 114-119., Dec. 1990.

Japanese common name : Shima-Hebi
e0038990_014151.jpg
Elaphe quadrivirgata (Boie, 1826)

e0038990_015275.jpge0038990_02834.jpg
おやおや、木に登るのかい。じゃなくて邪魔だったんだね。横をすり抜けてヌルヌル。
e0038990_024376.jpg
カメラを向けただけで臨戦態勢。気性が荒い。何度も、噛んじゃうぞと飛びかかろうとする。
e0038990_064130.jpg
いつまでも怒っていないで逃げた方が良いと思うけど、シマヘビは引き下がりません。
e0038990_07124.jpg
目が赤いのは徹夜したからではないよ。
e0038990_08046.jpg
学名quadrivirgataは、4本の線。ナメラ属の滑羅は、なめらかな表面を意味する。
e0038990_082825.jpg
舌を出すので写そうと思ったが速すぎて駄目でした。


シマヘビ(縞蛇)
有鱗目ヘビ亜目ナミヘビ科ナメラ属
学名:Elaphe quadrivirgata (Boie, 1826)

分布:北海道、本州、四国、九州
全長:80~200cm
餌:カエル、トカゲ等の爬虫類、両生類

e0038990_23463384.gife0038990_23465384.gife0038990_2122812.gif

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435.2m) 2012.03.06
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 March 2012
Last modified: 30 August 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-03-25 00:00 | その他の生物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/17485172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ユキノシタ(雪の下) マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡) >>