ユキノシタ(雪の下)
 ユキノシタ(雪の下)は、ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草です。日本、中国に分布し、日本では本州、四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、冬の雪下で枯れずに残るからとか、白い花を雪に見立てて下に葉があるから(牧野富太郎)等の諸説があります。中国名の虎耳草(こじそう)は、葉が虎の耳に似ている事から。

 ユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))は、世界に約110属、1200種が分布します。ユキノシタ属(Saxifraga L. (1753))は、北半球に約300種が分布し、日本には16種が分布します。日本固有種は6種1)があります。

 山地の半日陰や岩場などで自生します。また、民間薬や山菜として用いられてきた事もあり、植栽も多くみられます。紅紫色で糸状の長い匍匐枝2)を出し、栄養繁殖します。草丈は20~50cm。茎、葉、萼の全体に毛が密生しています。葉は根生します。腎円形で、浅い鋸歯があり、基部は心形で、長さ3~6cm、幅3~9cm。5~13cmの長い葉柄があります。アントシアン色素による赤味を帯びた緑色で、葉脈に沿って白色の筋があります。葉裏は赤紫色。

 花期は、5月から7月頃。花茎の先に円錐状集散花序をつけます。花は白色で、左右相称の離弁花です。花弁は5枚。上側3枚は卵形で先端が尖り、長さ3.5~5.5mm。紅色の斑点があり、基部には黄色の斑点があります。下側2枚は白色の披針形で、長さ12~20mm、幅4~8mm。花冠全体は、長さ20~28mm、幅15~25mm。萼は5裂し、腺毛があります。

 両性花です。雄しべは10本で、葯色は紅色。花弁に沿って放射状に平開し、やがて前方に立ち上がり花粉を放出します。その後、元の位置に戻ります。雌しべ花柱は2本。雄しべ基部に子房を覆う黄色の花盤(蜜腺)が半円状にあります。

 果実は蒴果です。先端が2裂した、くちばし状で長さ約4mm。種子は0.5mm程の広卵形で、細かい突起があります。染色体数は、2n=30(Ma et al.,1990)、2n=30,36,54。

 漢方薬として、乾燥葉を虎耳草(こじそう)として用います。民間薬として、解熱、鎮咳、消炎、解毒、利尿、止血等の広範囲に用いられてきました。主要成分は、硝酸カリウム(potassium nitrate)、塩化カリウム(potassium chloride)、ベルゲニン(Bergenin)。硝酸カリウムは毒性が強い食品添加物として知られています。山菜として、葉を天ぷらなどにします。

1)日本の固有種
エゾノクモマグサ(蝦夷の雲間草)Saxifraga nishidae Miyabe et Kudô
エチゼンダイモンジソウ(越前大文字草)Saxifraga acerifolia Wakabayashi et Satomi
ハルユキノシタ(春雪の下)Saxifraga nipponica Makino
フキユキノシタ(蕗雪の下)Micranthes japonica (H.Boissieu) S.Akiyama et H.Ohba
ジンジソウ(人字草)Saxifraga cortusaefolia Siebold et Zucc.
センダイソウ(仙台草)Saxifraga sendaica Maxim.

2)匍匐枝(ほふくし):主茎基部から地上近くを水平に這って伸びる茎で、植物体になる芽をつけるもの。栄養繁殖集合体を形成して栄養繁殖する。(匍匐茎:ほふくけい|stolon)。

Japanese common name : Yuki-no-sita
e0038990_3494771.jpg
Saxifraga stolonifera Curtis

e0038990_351484.jpge0038990_3512068.jpg
崖の法面に、驚くほど密生したユキノシタ。

e0038990_3525614.jpge0038990_3531142.jpg
花中央に見える黄色の部分は花盤で、半円状につく。花茎や萼には毛が密生する。

e0038990_3561051.jpge0038990_3562454.jpg
円錐状集散花序。葉は基部が心形の腎円形。
e0038990_865391.jpg
雄しべ10本、雌しべ2本。半円状に付く黄色の花盤から蜜を出す。


ユキノシタ(雪の下)
学名:Saxifraga stolonifera Curtis
ユキノシタ科ユキノシタ属
花期:5月~7月 多年草 草丈:20~50cm 花冠長:20~28mm

e0038990_2163229.gife0038990_23292459.gife0038990_23304654.gife0038990_23384753.gif

【学名解説】
Saxifraga : saxum(石)+ frangere(砕く)/ユキノシタ属
stolonifera : stolonifer(匍枝を持った)
Curtis : William Curtis (1746-1799)
---
Juss. : Antoine Laurent de Jussieu (1748-1836)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
葵区牧ヶ谷(Alt. 34m) 2008.05.27
高山(牛ヶ峰 Alt.716.9m) 2008.05.28
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

30 March 2012
Last modified: 20 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-03-30 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/17497520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 多摩NTの住人 at 2012-04-01 14:54 x
こんにちは。
すごい数のユキノシタですね。
綺麗な色合いでとても好きな花のひとつです。
Commented by pianix at 2012-04-04 12:04
隣家にも無造作に咲いています(^^)
好きな花があるというのは良いですね。
Commented at 2012-05-03 16:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pianix at 2012-05-03 22:23
yura さんへ
Blog拝見いたしました。
なかなか凝った素敵なBlogですね。

トラックバックはご自由にお願いいたします。
承認制としていますので、確認次第、承認させて頂きます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヒオドシチョウ(緋縅蝶) シマヘビ(縞蛇) >>