ツルウメモドキ(蔓梅擬)
 ツルウメモドキ(蔓梅擬)は、ニシキギ科ツルウメモドキ属の落葉低木です。山野に生育する落葉性の蔓植物です。しっかりとした茎を持っているので蔓植物に見えないかもしれません。よく見ると、枝の先端部分が蔓となって他の木に絡みついている事が分かります。生け花の花材として使われる事があります。

 雌雄異株で、雌花は花弁4枚の薄緑色をした6mm程の小さな花をつけます。雄花は8mm程で、5本の雄しべがあります。11月になると黄色の果実ができ、その仮種皮が3裂して光沢のある赤い実を現します。

 ウメモドキ(梅擬)に似た蔓植物ということから名前が付いています。ウメモドキは、その葉が梅に似ている、モチノキ科モチノキ属の植物です。赤い実を付けますが、ツルウメモドキのように仮種皮はありません。

 この時期になると、あらゆる所のツルウメモドキは枝を切り落とされ持ち去られているようです。生け花、リース材料、庭木、盆栽などに使われています。挿し木(密閉挿し)による増殖が可能です。

Japanese common name : Turu-ume-modoki
e0038990_13574042.jpg
Celastrus orbiculatus Thunb. var. orbiculatus


ツルウメモドキ(蔓梅擬)
ニシキギ科ツルウメモドキ属
学名:Celastrus orbiculatus Thunb. var. orbiculatus
花期:5月~6月 落葉低木 樹高:蔓性 花径:6~8mm 果期:10~12月 実:7~8mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Celastrus : Celastros(西洋木蔦)からの転語。celasは晩秋の意/ツルウメモドキ属
orbiculatus : 円形の
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)/スウェーデンの植物学者
var. : varietas(変種)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km 右岸河川敷 2005.11.01
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: June 22, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-09 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1791083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ビート at 2005-11-09 15:56 x
はじめまして。東京・湾岸エリアで独り言綴ってます。素敵な画像拝見しました。ありがとう!
Commented by pianix at 2005-11-09 22:14
ビートさん
お越し下さって、コメントを頂き、ありがとうございました。
野草が主体で、撮影の腕が未熟なので素敵な画像には、ほど遠いと思います。しかし、よろしかったら又おいで下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ブチヒゲカメムシ(斑髭椿象) オンブバッタ(負飛蝗) >>