マルバルコウ(丸葉縷紅)
 マルバルコウ(丸葉縷紅)は、ヒルガオ科サツマイモ属の1年草です。熱帯アメリカ原産の蔓植物です。太い茎を持ち、左巻きの蔓で巻き付いて立ち上がります。同じ蔓植物のルコウソウ(縷紅草)の葉が細く羽状なのに対し、丸い葉を付ける事から名付けられました。「縷」とは細かいという意味なので、丸葉がつくと本来の意味と矛盾することになってしまいます。また、丸葉とはいえ、ハート形で、葉先は尖っています。7月から10月にかけて、朱色の小さなラッパ形の花を咲かせます。染色体数は、2n=18。

 ヒルガオ科(Convolvulaceae Juss. (1789))は、熱帯から亜熱帯に約58属1650種が分布し、日本には4属があります。サツマイモ属(Ipomoea L. (1753)) は、500種程があります。旧分類のルコウソウ属(Quamoclit Moench, 1794)は、熱帯アメリカやインドに約10種があります。

 1850年頃に観賞用として渡来したと言われ、寛永年間から栽培の記録があります。現在は野生化し、本州中部以南に分布し、帰化しています。土手などの野生植物に絡まって咲いている事が多いのですが、畑に侵入すると作物の発生消長1)が起き、やっかいな害草扱いとなります。マルバルコウとルコウソウ(縷紅草)の交配種に、モミジルコウ(紅葉縷紅)Ipomoea x multifida (Raf.) Shinnersがあります。

1)発生消長(はっせいしょうちょう):受精から成体(発芽や孵化)の過程が衰えたり盛んになる事。
※植物防疫法により、条件下での輸入禁止及び移動禁止の規制がかかっています。

Japanese common name : Maruba-rukou
e0038990_13153763.jpg
Quamoclit coccinea L.

e0038990_13394872.jpge0038990_1340076.jpg


マルバルコウ(丸葉縷紅)
別名:ウチワルコウソウ(団扇縷紅草)/ツタノハルコウ(蔦の葉縷紅)/マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)
ヒルガオ科サツマイモ属
学名:Ipomoea coccinea L.
synonym : Quamoclit coccinea (L.) Moench
synonym : Quamoclit angulata (Roem. et Schult.) Bojer
花期:7月~10月 1年草 草丈:2~5m(蔓性) 花径:15~18mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Ipomoea : ips(芋虫)+homoios(似た)/サツマイモ属
coccinea : coccineus(紅色の/緋紅色の)
L. : Carl von Linne(1707-1778)
---
Moench : Conrad Moench (1744-1805)
---
x : 二種間交配種
multifida : multifidus(多数に中裂した)
Raf. : Constantine Samuel Rafinesque-Schmaltz (1783-1840)
Shinners : Lloyd Herbert Shinners (1918-1971)
---
Quamoclit : kyamos(豆)+clitos(低い)/ルコウソウ属
angulata :angulatus(稜のある、角張った)
Roem. : Johann Jacob Roemer (1763-1819)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Schult. : Josef August Schultes (1773-1831)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から14.25km 左岸土手 2005.11.02
安倍川/河口から8km 左岸河川敷 2016.09.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

June 21, 2008, 30 September 2015
Last modified: 6 October 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-13 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1839808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mico at 2005-11-14 14:11 x
こんなに可愛い花なのに害草扱いなんて・・・
随分昔に渡来したんですね~
Commented by pianix at 2005-11-14 22:01
写りの悪い写真を出して、こんな花では無いと言われたらどうしようと、内心心配でした。
生命力の強いものだけが野生化しますから、手に負えなくなる事もあるようですね。
それと、有史以前に渡来した植物もたくさんあります。人間より先輩なんですね、植物は。
Commented by yamome516 at 2005-11-18 15:10
あれっ!と、足を止め、目を細めて近づく花です。
ちいさくて、かわいい花ですが?
ルコウソウの葉も好きですね!
どれも、良く見てやらないと、通り過ぎてしまいます。
Commented by pianix at 2005-11-18 17:39
顔は良いのに、目は近眼と老眼で……
しかし、毎日のように小さな花と遊んでいると、かなり遠くからも見つける事ができるようになりました。
なんだあれはと駆け寄ると、葉の裏が光っているだけだったり、困った事に菓子の袋などが捨てられているのにも反応してしまったり。
誰が一番美人かなと品定めしていたりする自分を見つけて、ごめんね、君も充分美人なんだ、と謝る事もたびたびです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ナミテントウ(並瓢虫) クルマバッタモドキ(車飛蝗擬) >>