ナンキンハゼ(南京黄櫨)
 ナンキンハゼ(南京黄櫨)は、トウダイグサ科シラキ属の落葉高木です。中国原産です。中国(南京)から渡来した、ハゼ(櫨)に似た実を付けるという事から名前が付いたと思われます。選定に強い事から街路樹等として、ごく普通に植えられている身近な木です。

 初夏に穂状の花をつけます。一つ一つを眺めると、花とは思えない単純な形をしています。雄花と雌花が付く、雌雄異花同株です。雄花と雌花のどちらかが先に咲く雌雄異熟であり、雄性先熟株と雌性先熟株に別れる性質を持っています。また、花粉を虫に運んでもらう虫媒花です。

 葉は寸づまりの卵形で、先端は尖っています。アカメガシワのように新芽は赤くなります。秋に紅葉が美しく、白の実を付けるので、コントラストがあって目立ちます。実は三方に膨らんだ丸い蒴果で、初めは緑色をしていますが、やがて茶色になり、仮種皮が3裂して反りかえり、白い種子3個を現します。やがて仮種皮が取れて白い種子だけになります。この種子は鳥達が食べに来て散布をしてくれます。種子を覆う白い部分は蝋(ろう)質で、蝋1)の原料にもなります。雄性先熟と雌性先熟の株では実の付き方が違ってきます。

 面白い性質を持っていますが、細かい事はさておいても、夏は爽やかな葉のささやき、秋は美しい紅葉と白い種子で、多くの人の目を楽しませてくれます。

 1)【和ロウソク】ハゼの実を細かく潰し、容器で加熱してロウを取り出します。これを冷まして固めたものを木ロウと呼びます。芯(灯心)は棒に和紙を巻き、その上にイグサ、真綿を巻きます。木ロウを温めて溶かし、濾し器でゴミを取り除いてから芯に染みこませます。固まってからロウをかけていき、12回繰り返した後に手で形を整え(下掛け)ます。さらに仕上げ用の木ロウを溶かして上掛けして形を整えます。先を切り取って芯を出し、棒を抜き取り、長さを揃えてできあがります。これを和ロウソクと言い、煤が少なく風に強い特長を持っています。なお、西洋ロウソクは石油系のパラフィンを原料とします。

Japanese common name : Nankin-haze
e0038990_22413053.jpg
Triadica sebifera (L.) Small


ナンキンハゼ(南京黄櫨)
別名:トウハゼ(唐黄櫨)
トウダイグサ科ナンキンハゼ属
学名:Triadica sebifera (L.) Small
synonym : Sapium sebiferum (L.) Roxb.
花期:6月~7月 落葉高木 樹高:~16m 花穂長:10cm 果実径:1cm
英名: Vegetable tallow

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Triadica : 三数の花に因む/ナンキンハゼ属
sebifera : sebiferum(脂肪のある)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Small : John Kunkel Small (1869-1938)
---
Sapium : 粘る/シラキ属
sebiferum : sebifer/sebifera(脂肪のある)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Roxb. : William Roxburgh (1751-1815)/インド植物学創始者

撮影地:静岡県静岡市
葵区 西ヶ谷総合運動場(植栽) 2005.11.10
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

15 November 2005, March 26, 2009
Last modified: 02 September 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-15 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1870177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by thinking_reeds at 2005-11-15 22:55
はじめまして。
ナンキンハゼの紅葉と白い実のコントラストを見るのがとても好きです。
もう少ししたら、紅葉が落ちて、実だけが残ってるコトがあって、それもイイカンジなんですよね。家の近くのグラウンドにナンキンハゼがたくさん植えてあって、散歩するたびに楽しみながら歩いています。
野山の草木、大好きで、見ていても飽きません。
また、お邪魔しますね。
Commented by pianix at 2005-11-16 13:00
thinking_reedsさん
訪問頂きありがとうございました。かえるさんですね。
葉が落ちた後の白い実も良いですね。
Commented by yamome516 at 2005-11-18 15:02
この木の、紅葉もいいですよね!
そうか?蝋の材料になるのですか?
それは知りませんでした。
ハゼと、ウルシの違いを調べなくては?
Commented by pianix at 2005-11-18 17:45
私は皆さんとちょっとずれているので、紅葉には、さほどの興味を示しません。「落葉樹は大変だなぁ、体力使うだろうに」ぐらいの感想です。で、紅葉も温暖化の影響か、だんだんと遅くなる傾向があるようですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< コアオハナムグリ(小青花潜) ナミテントウ(並瓢虫) >>