コスモス(Cosmos)
 コスモス(Cosmos)は、キク科コスモス属の1年草です。野原に優しい雰囲気を演出する、秋の代表的な花です。メキシコ原産で、イギリスへは1799年、我が国には、明治12年(1879年)頃に入ってきたと言われています。安倍川河川敷には、こぼれ種から野生化したコスモスが咲いています。

 コスモスは短日性の植物ですから、昼が短くなる時期の秋に開花します。和名の秋桜は、秋に咲く桜に似た花と言う意味でしょうが、現在では文学的に使われるだけで、コスモスが一般的だと思います。在来の種は、晩生種と呼ばれています。近年に品種改良で早生種が作られ、どの時期でも種まきから2ヶ月で花を咲かせる事ができるようになりました。

 早生種の代表的な品種としてセンセイション系があり、ホワイト(白色)・ピンキー(桃色)・ダズラー(濃紅色)・ラディアンス(桃色に濃紅色の蛇の目)の4種があります。ラディアンスの4倍体品種にベルサイユがあり、切り花に適しています。コラレット咲きのサイケ、花びら付け根が白地で桃色や濃紅色の縁取りを持つピコティーもあります。一般的に、種まきは4月下旬~5月上旬頃、挿し木の場合は6月頃に行われます。

Japanese common name : Kosumosu
e0038990_23142670.jpg
Cosmos bipinnatus Cav.


コスモス(Cosmos)
別名:アキザクラ(秋桜)/オオハルシャギク(大春車菊)
キク科コスモス属
学名:Cosmos bipinnatus Cav.
花期:9月~11月(早咲きは4月~) 1年草 草丈:30~180cm 花径:3~6cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Cosmos : kosmos(飾り・美しい)/コスモス属
bipinnatus : 二回羽状の・再羽状の
Cav. : Antonio Jose Cavanilles (1745-1804)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から1km 右岸河川敷 2005.10.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: June 21, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-17 00:00 | | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1892542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mico at 2005-11-18 14:29 x
明治の頃にはもう入ってきてたんですね。
か弱そうに見えて、丈夫な花ですね。
Commented by yamome516 at 2005-11-18 14:55
挿し木が出来ると言うのですが?やった事はありません!
遅くに撒くと、背が小さい、かわいいのが出来ます。
ホウセンカなども、撒く時期を遅くすると、小さいのが出来ます。
庭で作るのには、こんな工夫も必要かもしれません。
Commented by pianix at 2005-11-20 15:44
yamome516さん
挿し木は、あまりやりませんね。
種まきの時期によって草丈を調節するのは良くやりますね。
先に花壇の後方、遅れて前方に蒔くといいですね。
西瓜の種も、食べた後蒔くと可愛い西瓜になりますが、食べるところは無いかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アオバハゴロモ(青羽羽衣) コアオハナムグリ(小青花潜) >>