モッコク(木斛)
 モッコク(木斛)は、ツバキ科モッコク属の常緑中高木です。千葉県以西に分布します。派手さはありませんが、生育が穏やかな事から樹形が良く、風格があります。モチノキ、モクセイと共に庭木の三名木とされ、「庭木の王様」と称されています。葉は3~7cmで、鋸歯が無く、艶がある滑らかなヘラ形で、輪生します。葉柄は紅紫色を帯びるものが多いようです。

 花は、7月頃に香りがあるクリーム色の小花を下向きに付けます。冬に実がはじけて褐色の種子を現します。半日陰で、暖かく風通しが良く、適度な湿度を持つ肥沃な土壌が適しています。通常、自然形で、直幹や円筒形という剪定が施されている場合があります。

Japanese common name : Mokkoku
e0038990_23185318.jpg
Ternstroemia gymnanthera (Wight et Arn.) Bedd.
e0038990_2319872.jpg
2005.11.10


モッコク(木斛)
ツバキ科モッコク属
学名:Ternstroemia gymnanthera (Wight et Arn.) Bedd.
花期:6月~7月 常緑中高木 樹高:2~15m 花径:13~18mm 果期:10~11月 果実:10~15mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Ternstroemia : Christopher Ternstroemの名に因む/モッコク属
gymnanthera : おしべの葯が裸の
Wight : Robert Wight(1796-1872)
Arn. : George Arnott Walker(1799-1868)
Bedd. : Richard Henry Beddome (1830-1911)
---
Sprague : Thomas Archibald Sprague (1877-1958)

撮影地:静岡県静岡市
葵区西ヶ谷(植栽) 2005.09.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 November 2005
Last modified: June 21, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1914875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ベッコウハゴロモ(鼈甲羽衣) アオバハゴロモ(青羽羽衣) >>