キアシナガバチ(黄脚長蜂)
キアシナガバチ(黄脚長蜂)は、スズメバチ科アシナガバチ属の蜂です。日本全国に分布する在来種です。名の由来は、黒地に黄色の体色であり、全体的に黄色味が強い色彩をしているアシナガバチである事から。

 スズメバチの仲間です。アシナガバチ亜科は、世界に26属、日本には3属2)11種が分布します。キアシナガバチは、低山地性で、山や樹木が多い周辺に多く分布します。体長は、21~26mm。スズメバチほどではないものの、アシナガバチとしては攻撃性が強く、毒が強いので注意を要します。

 セグロアシナガバチ(背黒脚長蜂)1)に大きさ・形とも似ています。セグロアシナガバチとの区別点は、前伸腹節3)に黄色斑紋の2縦線がある事です。(沖縄以外では、頭部側から縦線2、横線2、縦線2がキイロアシナガバチで、縦線2、横線2のみはセグロアシナガバチ。)

 ハチの体は大きく分けると、頭部・胸部・腹部に分けられます。頭部には複眼2個と単眼3個、一対の触角があります。胸部には前翅・後翅の2対4枚があります。胸部と腹部の間は大きくくびれます。腹部後端に刺針があります。脚は、前肢・中肢・後肢の一対6本があります。

 4月頃から、家屋軒下・枝などのやや高めの場所に、釣り鐘状の巣を作ります。巣は10~15cmの大きさで、樹皮繊維を利用した紙質で、強靱です。働き蜂は、約50匹程がいます。家の屋根裏などに集団越冬することもあります。

 翅を持ち上げている時は威嚇のポーズですから、近寄らないようにしたほうが懸命です。当然の事ながら、巣を刺激すれば攻撃されます。肉食で肉団子を作ります。青虫や毛虫を餌とするので益虫とも言えますが、夏場の除草や剪定作業では特に注意を要します。

 10月から11月にかけては、新女王蜂や雄蜂が集団でいる事が多くなります。従って、この時期まで油断はできません。蜜蜂と違い、何度でも刺してきます。見つけたら後ろに静かに下がるようにします。横の動きに敏感、縦の動きに鈍感との性質があるからです。

1)セグロアシナガバチ(背黒足長蜂)Polistes jokahamae Radoszkowski, 1887
2)アシナガバチ属(Polistes Latreille, 1802)、ホソアシナガバチ属(Parapolybia)、チビアシナガバチ属(Ropalidia Guérin-Méneville, 1831)
3)前伸腹節(propodeum):胸部と腹部の間の節。(胸部と密着融合した腹部第1節)

参考:フタモンアシナガバチ(二紋脚長蜂) キイロスズメバチ(黄色雀蜂) ニホンミツバチ(日本蜜蜂)

Japanese common name : Ki-ashinaga-bati
e0038990_20372244.jpg
Polistes rothneyi iwatai van der Vecht, 1968

e0038990_2038575.jpge0038990_20381960.jpg
胸部の黒い部分に、縦2本、横2本、縦2本の黄色線がある。写真は♂。


キアシナガバチ(黄脚長蜂)
ハチ目(膜翅目)スズメバチ科アシナガバチ亜科アシナガバチ属
学名:Polistes rothneyi iwatai van der Vecht, 1968
(Polistes rothneyi Cameron, 1900)

e0038990_2163229.gif

体長:21~26mm
出現期:4月~10月
分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄

撮影地:静岡県静岡市
西ヶ谷運動場 2005.11.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

21 June 2008, 24 July 2014
Last modified: 31 May 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2008-06-21 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1951889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ギンリョウソウ(銀竜草) ホトケノザ(仏の座) >>