タンキリマメ(痰切豆)
 タンキリマメ(痰切豆)は、マメ科タンキリマメ属の多年草です。千葉県以西に分布する蔓植物です。荒れ地に多く生育します。クズの葉のような3出複葉で、互生する葉の腋から総状花序を出し、1cm未満の淡黄色の花が、15前後の房咲きになります。時期は夏から10月頃までと長いのですが、葉に隠れて目立ちません。

 秋に豆果を付け、赤く色づき、鞘が裂けて光沢を持った黒色の種子2つが現れます。タンキリマメの名称は、種子を食べると痰が切れるという俗説から来ています。

 トキリマメ(Rhynchosia acuminatifolia Makino)とタンキリマメは似ていますが、葉の形状から区別する事ができます。葉元が太くなるのがトキリマメで、葉端寄りが太くなるのはタンキリマメです。

e0038990_1834388.jpg
Rhynchosia volubilis Lour.


タンキリマメ(痰切豆)
学名:Rhynchosia volubilis Lour.
マメ科タンキリマメ属
花期:7月~9月 多年草 草丈:蔓性 花長:9mm 豆果長:15mm

【学名解説】
Rhynchosia : thynchos(竜骨弁の形)/タンキリマメ属
volubilis : 捻れた・絡み付いた
Lour. : Joao de Loureiro (1717-1791)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.0km左岸河川敷 2005.11.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: June 21, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-25 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/1982246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2005-11-25 18:12
はじめまして ブリズと申します。
TOPよりお伺いいたしました。
野草は好きで、時々自分のブログにも乗せていますが
こんなにキレイに写真にとることはできません。
痰切豆が美しく、思わずコメント書き込んでます。
また見させてください。お邪魔いたしました。
Commented by thinking_reeds at 2005-11-25 19:30
タンキリマメって、マメが裂けたときにこっちをのぞき込まれてるような感じがシマス。(・・ )( 。。)きょろきょろと覗かれているような・・・。この写真もこっちを見てるでしょ。:-)
Commented by pianix at 2005-11-26 16:14
brizuさん。
コメントありがとうございます。
ボケボケの写真で申し訳ありませんでした。
この写真は、ずいぶん悩んだのです。
暗いところで撮影すると、こうなりますね。
撮影のやり直しができたら差し替えます。
brizuさんの「くわがたの逆立ち!」を拝見しました。
Commented by pianix at 2005-11-26 16:33
かえるさん。
目の付け所が可愛らしいですね。
2つの黒豆が目玉に見えるのですね。
タンキリマメは異星人。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< クサギカメムシ(臭木椿象) キイロスズメバチ(黄色雀蜂) >>