カラスウリ(烏瓜)-2
 カラスウリ(烏瓜)は、ウリ科カラスウリ属の多年草です。実は知っているのに、花を見た事がないと言う人は結構多いようです。花は、夏場の夕方から咲き始めるので、見る機会が限られるのだと思います。白いレースのような幻想的な花で、夜明け前には萎んでしまいます。

 対して、実は赤く熟れ、目立ちます。実の成り初めは緑色で縞模様があり、小型の瓜そっくりです。スズメウリ(雀瓜)に比べて、実が大きいのでカラスウリと名が付いています。カラスやスズメは大きさを表しています。強烈に苦くて食べられないそうですが、中を割って見ても食べる部分が無く、納豆状に種子が入っているだけです。それでも鳥は突く事があるそうです。

 種子はカマキリの頭のような形をしています。打ち出の小槌、米俵に乗った大福様と見方は色々で、財布の中に入れておく縁起物として使われたようです。別名のタマズサ(玉章)は、種子の形が結び文(手紙)に似るところから来ています。

 茎が膨れて捻れているのを見ることがありますが、カラスウリクキフクレフシ(烏瓜茎膨五倍子)で、ハエ目(双翅目)タマバエ科のウリウロコタマバエ(瓜鱗玉蠅)Lasioptera sp. の虫瘤です。

参考:カラスウリ(烏瓜)-1(花)

Japanese common name : Karasu-uri
e0038990_10283156.jpg
Trichosanthes cucumeroides (Ser.) Maxim. ex Franch. et Sav.
e0038990_10284730.jpg
実の中身
e0038990_1029752.jpg
カマキリの頭のような形をした種子

e0038990_10292127.jpge0038990_10293343.jpg
瓜に似た縞模様があり、熟す毎に色が変わり完熟すると縞模様はなくなる


カラスウリ(烏瓜)
別名:タマズサ(玉章)
ウリ科カラスウリ属
学名:Trichosanthes cucumeroides (Ser.) Maxim. ex Franch. et Sav.
花期:8月~9月 多年草 草丈:蔓性 花序径:2~10cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Trichosanthes : trichos(毛)+anthos(花)/カラスウリ属
cucumeroides : Cucumis(キュウリ属)に似た
Ser. : Nicolas Charles Seringe (1776-1858)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
ex : ~による
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Sav. : Paul Amedee Ludovic Savatier(1830-1891)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.25km/左岸河川敷 2005.11.15
大道山(Alt. 448m) 2015.10.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

27 November 2005, June 21, 2008
Last modified: 22 October 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-27 00:00 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2002003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2005-11-28 10:38
こんにちは
カラスウリの花は不思議ですね。違う宇宙がそこにあるかのような
独特の雰囲気を出してますよね。
カラスウリは確か薬になるのですよね。
なんに効くのかは忘れてしまいましたが・・。
この季節、あの長丸い形を見ると、なんか取りたくなっちゃいます。
また見させてくださいね。
Commented by pianix at 2005-11-28 13:45
brizuさん
このような記事を集めたブログに、コメントが付くのは予想もしていない事でした。励みになり嬉しいです。毎日、宿題の提出のような気分で書いています。その時の気分で、しかも短時間に書かなければならないので、かなりいい加減になります。
薬効は、便秘の改善でしょうか。納豆状態の果肉は、ひび・しもやけに使われる事もあったそうですが、現在ではどうでしょう。便利な薬が薬局に所狭しと並んでいますから、使われる事はほとんど無いのだと思います。
民間療法では、その量が問題となる事があって、誤って使用すると大変なことになることもあると思います。
カラスウリの実は何個も採ってきましたが、舐めた事も食べた事もありません。本当に苦いのかも知りません。(試してみろよ、と言われそうですが)。それでも、採ってきてしまうのですね。飾り物のようで可愛いからなのでしょうか。
Commented by thinking_reeds at 2005-11-30 00:27
カラスウリの実の中身って、なんだかパッションフルーツみたいですよね。
あれは時計草の仲間だったような。
それを考えると、その実は食べられそうな感じが・・・(何でも食べてみたくなるワタシ)
Commented by yamome516 at 2005-11-30 11:43
さすがです!
ここまでしなくてはいけませんよね!
反省します。
まだ、まだ、見る事が甘いようです。
Commented by pianix at 2005-11-30 14:13
thinking_reeds、かえるさん、こんにちは。
パッションフルーツも食べた事ありません。
どうか実験台になってカラスウリの実を食べて下さい。(ウソ)
家内は、実を見つけるたびに「これ、食べられる?」と聞きます。
食い意地が張っているなと思っていたのですが、ただ単に毒があるかどうかを尋ねていたようです。
Commented by pianix at 2005-11-30 14:14
yamome516さん、こんにちは。
食べて味を報告しろと言われているようで(^^;
明日は静岡県大へ行き、薬草を見学する予定でいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ナミホシヒラタアブ(並星扁虻) クサギカメムシ(臭木椿象) >>