ホソヒラタアブ(細扁虻)
 ホソヒラタアブ(細扁虻)は、ハナアブ科ヒラタアブ亜科ホソヒラタアブ属の昆虫で、ハエの仲間です。小さな体でホバリング(空中静止)しながら飛び回っていました。私と、花を巡る争奪戦です。私は撮影するだけですが、彼らは腹を満たさなければならなく、生活がかかっているので、さぞかし迷惑な事だったでしょう。

 他のヒラタアブの仲間と同様に、腹部が平たい小さなアブです。体全体に占める割合は頭部が大きいのがわかります。斑紋や帯模様は、季節によって変化が出るようで、低温期は低温型が多く、黒化します。太い帯と細い帯が交互に縞模様を作っています。

 また、ハチのように毒を持っていないので、刺されたりはしません。体の模様から蜂と間違われる事がありますが、それはアブにとっては擬態が成功している訳です。双翅目は、文字の如く、2枚の翅を持つという意味で、後翅は退化しています。蜂は膜翅目で、前翅・後翅の2対4枚を持っています。

 成虫は花粉や花の蜜を食べます。幼虫は、アブラムシ(アリマキ)を食べます。成虫越冬しますから、気温が上がる日には飛び回る事があり、年中見られる時もあります。ハエやハチの仲間は、生物学で言うところの完全変態をします。つまり、卵から、幼虫・繭・成虫と成長の過程で変化していきます。繭を経ないものを不完全変態と言います。

参考:ナミハナアブ(並花虻) オオハナアブ(大花虻) ナミホシヒラタアブ

Japanese common name : Hoso-hirata-abu
e0038990_21444989.jpg
Episyrphus balteatus (De Geer, 1776)
e0038990_21445830.jpg


ホソヒラタアブ(細扁虻)
ハエ目(双翅目)ハナアブ科ヒラタアブ亜科ホソヒラタアブ属
学名:Episyrphus balteatus (De Geer, 1776)

e0038990_2163229.gif

体長:9~11mm
出現期:3月~10月
分布:北海道・本州・四国・九州

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.25km左岸河川敷 2005.11.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: June 21, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-30 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2040384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ノハラアザミ(野原薊) スミレ(菫) >>