ノハラアザミ(野原薊)
 ノハラアザミ(野原薊)は、キク科アザミ属の多年草です。5月~6月にかけて咲きますが、時折、静岡のような温暖な地方では秋にも咲く事があります。それなので、秋に咲くのはノハラアザミ、とは言えない状態です。しかも、安倍川流域で見るのはノアザミばかりで、ノハラアザミ(野原薊)と出会う事がありませんでした。それが今年は、2カ所で咲いているのを見つけました。あるところにはある、と言うしかありませんでした。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布します。日本には約70属360種があり、帰化植物は100種以上あります。Asteraceaeは、aster(星)の意味。保留名のCompositae Giseke, 1792は、「合成された」との意味から。アザミ属(Cirsium P.Miller, 1754)は、 世界に300種以上、日本に100種以上が分布します。

 ノアザミの総苞(花の付け根に当たる部分)は粘り、総包片は反りかえりません。一方のノハラアザミは、総苞が鐘球形で、総包片が反りかえり、粘り気はありません。また、花が咲く時期の根生葉にも違いが見られ、ノアザミは曖昧になりますが、ノハラアザミは、はっきりと残ります。どちらも、タンポポのような冠毛がある種を付け、風によって散布します。

 アザミは、その棘により、太古の昔から嫌われるものの筆頭のように扱われています。聖書には幾つかのアザミを扱った箇所がありますが、最初に現れる部分は、神の戒めを守らなかったアダムに対して発せられる、恐ろしい場面です。『3:17 神はアダムに向かって言われた。「おまえは女の声に従い/取って食べるなと命じた木から食べた。お前のゆえに、土は呪われるものとなった。お前は、生涯食べ物を得ようと苦しむ。3:18 お前に対して/土は茨とあざみを生えいでさせる/野の草を食べようとするお前に。3:19 お前は顔に汗を流してパンを得る/土に返るときまで。お前がそこから取られた土に。塵にすぎないお前は塵に返る。」』創世記3章17~19節(新共同訳聖書)

参考:フジアザミ(富士薊)

Japanese common name : Nohara-azami
e0038990_1518683.jpg
Cirsium oligophyllum (Franch. et Sav.) Matsum.

e0038990_2265093.jpge0038990_227833.jpg

e0038990_2281293.jpge0038990_2282558.jpg

e0038990_22103163.jpg


ノハラアザミ(野原薊)
キク科アザミ属
学名:Cirsium oligophyllum (Franch. et Sav.) Matsum.
synonym : Cirsium tanakae auct. non (Franch. et Sav.) Matsum.
花期:8月~10月 多年草 草丈:40~100cm 花径:3~5cm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Cirsium : cirsion[静脈腫(cirsos)に効くCarduus pycnocephalus L.]の転用/アザミ属
oligophyllum : oligo(少数の)+phyllon(葉)
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Sav : Paul Amedee Ludovic Savatier (1830-1891)
Matsum. : 松村任三 (1856-1928)
---
auct. non : auctorum non(著者の命名は別種を表す)
tanakae : 田中芳男 (1838-1915)の

撮影地:静岡県静岡市
内牧川(安倍川水系) 2005.11.17
安倍川/河口から8.5km 左岸 2006.09.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

June 21, 2008, 24 March 2014
Last modified: 24 October 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-01 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2053244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2005-12-02 11:36
こんにちは。
アザミっていうのはなんで、孤高な感じがするんでしょうか。
野においては、かわいいといわれることもなく、とげを生やし、
独自のオーラを放つ。
この独特感は、凛としていて、潔く、個人的には大好きです。

人間だったら、もう少し丸くなった方が付き合いやすいって
感じなんでしょうね。友達いないと寂しいぞって。
なにも自分からヒールを買って出なくてもいいのにって・・^^。
変な感想ですみません。
Commented by pianix at 2005-12-02 18:03
brizuさん、今晩は。
変な感想でなくて、良い感想と感じます。
人間だったらどうだろうという視点を持つ事は、大切ですね。

棘をはやして「食べちゃ駄目」と言っているようです。
でも、ほとんどのアザミは食べられるのですね。
私はツクシを採取してきて食べた事がありますが、ある方は、下品な食べ物と思っているようです。アザミは、なおさらかもしれません。
棘のないアザミなら、外国で食べられていますね。
棘があっても、若い葉なら食べられます。
アザミを摘んでいる女性がいて、話を聞いたら食べると言っていました。
アザミは雄性先熟で、雄しべと雌しべの動きが面白いですね。
綺麗だけど痛い。アザミもバラも、美人も、棘があるかも。(^^;
Commented by uzura_egg_happy at 2005-12-02 18:37
こんにちは(^^)
アザミ、好きなんです~!なぜか。
Commented by pianix at 2005-12-03 15:48
uzura_egg_happyさん、こんにちは。
昨夜は遅くに仕事が終わりましたので、日が改まって遅い返信となりました。
私の名前はプロフィール欄の通り、正巳(マサミ)です。
「アザミ、好きなんです~!」を見て、私は惚れられてしまったかと一瞬の勘違いを起こしました(大笑い、目を鍛え直してこいと言われそう)。
欺かれる、つまりこれがアザミの語源のようで。
多分、「アザミもバラも、美人も」との文が目に入って、
uzura_egg_happyさんは、「私も仲間だ」と思ったのだと思います。???
脱線混乱文、失礼致しました。
「くつきの森」を応援してます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アシグロツユムシ(脚黒露虫) ホソヒラタアブ(細扁虻) >>