ツワブキ(石蕗)
 ツワブキ(石蕗)は、キク科ツワブキ属の多年草です。私が今年初めてを見たのは、10月30日。まだ蕾の状態で、一花だけ開きかけている状態でした。一ヶ月を経た今は、溢れるばかりに咲いていますが、すでにくたびれてしまったものまであります。撮影地は、日本平という、海に近い山の中腹です。

 名の由来は、艶葉蕗(ツヤハブキ=艶のある葉の蕗)から来ているという説があります。温暖な地方の海沿い岩場に自生する事から石蕗の字が充てられ、照り返しによる乾燥や、潮風の塩分に耐えるような葉の造りになっています。英名は、Japanese silverleaf。花は一目でキク科であると分かります。頭花の周りに舌状花(雌花)、中央は筒状花(両性花)からなります。浜辺に咲くハマヒルガオ(浜昼顔)も然り、花の部分は見慣れた形なのに、葉の形状が明らかに異なるのが、これらの特徴です。

 江戸時代から園芸品種が作られていて、現在では庭園や公園でも見る事ができます。観葉植物用途として、斑入りの品種もあります。性質は堅強で、あらゆる所で花を咲かせる事ができます。若い葉は茹でれば食べられます。また、民間薬(抗菌作用)としても使われるので、薬草園でも見る事ができます。サザンカと共に、冬の到来を知らせる花の一つです。

Japanese common name : Tuwabuki
e0038990_1582235.jpg
Farfugium japonicum (L.) Kitam.


ツワブキ(石蕗)
キク科ツワブキ属
学名:Farfugium japonicum (L.) Kitam.
花期:10月~12月 多年草 草丈:30~80cm 花径:4~6cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Farfugium : farius(列)+fugus(駆除)/ツワブキ属
japonicum : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Kitam. : 北村四郎 Shirō Kitamura (1906-2002)

撮影地:静岡県静岡市
駿河区谷田/日本平中腹 2005.12.01
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 5 December 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-05 00:00 | 海辺の植物 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2097640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 駿河木の家日記 at 2005-12-06 06:28
タイトル : 蕎の字へ蕎麦を食べに行きましたが・・・
今日は、蕎麦の話ではありません。蕎の字の入り口は、増築の基礎工事の為、仮囲いがしてあります。これを、私たちは馬と呼んでいます。それは昔から、杉の間伐材で作られていました。間伐材というのは、木の生育を促す為に樹齢20年くらいの木を間引きした材のことを言います。静岡では、当たり前に使われていましたが、他県の知り合いが現場に立ち寄った時、「木の馬は初めて見た。」と言われたことがありました。新調した馬の足元には、頼んだ覚えも無いのに静岡県の間伐材とプリントされています。国や県が国内産木材の使用促進の為に指導や...... more
Commented by surugaki at 2005-12-06 06:32
お邪魔します。すばらしいブログですね。勉強になります。ツワブキ関連記事をTBさせていただきました。
これから、また伺わせていただきたいと思います。
Commented by pianix at 2005-12-07 00:00
surugakiさん
ご覧頂きましてありがとうございます。
野草の名前を覚えるために、毎日の宿題として書いています。
ど素人ですので、今後ともよろしくお願い致します。
Commented by J.J at 2006-02-22 21:54 x
こんにちは、早速のお返事ありがとうございました。
川や海に護られて暮らしています。
先生のプログは、楽譜のようです。
バレエ 吉行 David coverdale 好きです。
ツワブキはシーボルトと接点がございませんか。
Commented by pianix at 2006-02-23 17:58
J.Jさん
ツワブキはシーボルトコレクションにありますね。
Ligularia gigantea S & Z Tsjozen tsuwa
と記載されています。
よくご承知ですね 。さすがです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< キアゲハ(黄揚羽蝶)-2 オオカワヂシャ(大川萵苣) >>