ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/♀
 ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)は、タテハチョウ科ツマグロヒョウモン属の蝶です。写真は雌です。キバナコスモスが咲く頃、安倍川河川敷で見る蝶のほとんどが、ツマグロヒョウモンでした。温暖化の影響で北進し、生息域を拡大しているとされています。以前は珍しい蝶でしたが、現在ではもっとも普通に見られる蝶の一つになってしまいました。

 褄黒豹紋蝶の「褄」とは、着物の裾の左右両端の部分や縦褄(襟下)の意味で、前翅の縁が黒くなっているので「褄黒」の名が付いています。「豹紋」は、翅の前の波模様や、それに続く丸模様の黒点が豹柄である事からです。雌は翅両端に黒紋があります。毒蝶のカバマダラに擬態していると言われています。雄には、この黒紋はありませんから、雌雄の見分けは大変楽な種類です。間違えやすいものに、同じタテハチョウ科のヒメアカタテハ(姫赤立羽)やミドリヒョウモン(緑豹紋)があります。

 終齢幼虫は黒地で、縦にオレンジの線が入り、棘状の突起に毛が生えています。毒々しい色ですが危険はないようです。

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/♂
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/幼虫

Japanese common name : Tumaguro-hyoumon
e0038990_450367.jpg
Argyreus hyperbius (Linnaeus, 1763)
e0038990_4502223.jpg
2005.09.08 


ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)
チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ツマグロヒョウモン属
学名:Argyreus hyperbius (Linnaeus, 1763)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)27~38mm/(開張)65~75mm
出現期:4月~11月
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:スミレ類

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 右岸河川敷 2005.09.08, 2005.09.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

10 December 2005
Last modified: June 14, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-10 00:00 | | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2145775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surugaki at 2005-12-10 18:48
自宅の近くにもいましたが、名前が分かりませんでした。きょう、初めて知りました。
ツマグロヒョウモン・・・覚えましたよ。写真を撮ろうとしても、すぐ、逃げられてしまいました。
よく、撮れますね。来年、私の挑戦してみます。
Commented by buona-fortuna_ma at 2005-12-10 18:59
こんばんは、はじめまして。うちの近くでもこの蝶見ます!スミレ類を食べるんですか じゃあスミレ葉にいた黒い幼虫はツマグロヒョウモンだったんですかね 写真撮ろうとするといつも逃げられてしまいます。
Commented by pianix at 2005-12-10 21:00
surugakiさん
蝶は意外と速いですね。
上の蝶の写真を見て頂くと、吸蜜中であることが分かると思います。
一心不乱に食事中の時は、人間と同様に無警戒のようです。
マクロ撮影で数センチに近づいても大丈夫の事が多かったです。
Commented by pianix at 2005-12-10 21:10
buona-fortuna_maさま
お越し下さってありがとうございます。
何故か、シゾーカ人が集合してきました。
スミレを栽培されている方は、この蝶の幼虫は目の敵です。

私は、人間を撮ろうとすると逃げられてしまいます。
蝶などの昆虫は、肖像権を主張しないのでありがたいです。
Commented by aiki5dan at 2005-12-10 21:34
我が家にもツマグロヒョウモンが10月に訪れました。
Commented by つじさん at 2016-08-05 08:26 x
学校から持って帰ったパンジーの鉢にいつの間にか5,6匹の幼虫が。黒くて赤のラインにトゲがある!見た目がコワい!
調べてみたら成虫はこんなに素敵な蝶だったのですね。

スミレの花でないせいか葉はあまり食べていないのです。
パンジーでは育たないかしら?
蝶のお母さんが間違って食べられない葉に卵を産んだのではと心配していたのですが。
もう少し様子を見てみます。
Commented by pianix at 2016-08-05 09:59
こんにちは、「つじさん」さん。パンジーは、Viola x wittrockiana Hort. ex Gamsで、スミレの交雑種です。ですから蝶のお母さんは間違えたわけではないようです。気持ち悪くないようであれば、しっかりと観察できますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ゲンノショウコ(現の証拠)/実 ハマゴウ(浜栲)/実 >>