ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)
 ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)は、キク科ベニバナボロギク属の1年草です。ボロギク(襤褸菊)は、本種とは異なるキク科キオン属で、サワギク(沢菊)の別名です。花後に白い冠毛ができ、それをボロに例えたものと言われています。ベニバナボロギクも、赤い筒状花が同様な冠毛を付けるので名が付けられたようですが、詳細は不明です。冠毛は風で運ばれます。アフリカ原産の帰化植物で、日本には戦後(1946年)に渡来し、急速に広まり、本州、四国、九州、沖縄に分布します。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布します。日本には約70属360種があり、帰化植物は100種以上あります。Asteraceaeは、aster(星)の意味。保留名のCompositae Giseke, 1792は、「合成された」との意味から。ベニバナボロギク属(Crassocephalum Moench, 1794)はアフリカ地域に約30種があります。

 花は管状花で、下向きに咲きます。枯れたり弱っているわけではありません。筒状で、これ以上は開きません。ノボロギク(野襤褸菊)やダンドボロギク(段戸襤褸菊)の形状に似ていますが、その頭花は黄色で、こちらは緑と紅色のコントラストが目立ちます。葉は、下部は羽状に切れ込みがあり、上部は切れ込みの度合いが少なく、互生します。茎は、水分が多めで柔らかく、途中で枝分かれします。染色体数は、2n=40。

 茎も葉も食用となり、春菊に近い味がするとの事です。別名のナンヨウシュンギク(南洋春菊)は、戦時中に軍人の食料とされた事があり、その時に付けられた名前です。

Japanese common name : Benibana-borogiku
e0038990_8203221.jpg
Crassocephalum crepidioides (Benth.) S.Moore


ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)
別名:ナンヨウシュンギク(南洋春菊)/ショウワソウ(昭和草)
キク科ベニバナボロギク属
学名:Crassocephalum crepidioides (Benth.) S.Moore
花期:8月~12月 1年草 草丈:30~70cm 花径:約7mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Crassocephalum : Marcus Licinius Crassus (BC.114-BC.53)+cephale(頭)/ベニバナボロギク属
crepidioides : Crepis(長靴)属+dioides(似た)
Benth. : George Bentham (1800-1884)
S.Moore : Spencer Le Marchant Moore (1850-1931)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川 2005.11.17
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

16 December 2005
Last modified: June 14, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-16 00:00 | | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2206869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surugaki at 2005-12-17 12:48
名前に似合わず可憐ですね。記事を拝読させていただいたからでしょうか、奥ゆかしさも感じます。、
Commented by pianix at 2005-12-19 14:49
surugakiさん
出征先で腹を減らせた兵士の腹を慰めてくれたこの花に、少し感謝しています。
Commented by J.J at 2006-02-25 20:04 x
まだ食べたことがありませんが、兵隊さんたちは喜んでくれましたか。
私は、この花に似ているそうで。うれしいです。
Commented by まるび~ at 2013-01-26 17:08 x
こんにちは

数年前
沖縄からサトウキビの苗を輸入した際に
一緒について来ました

その後2年間
長野の山の中で大成長をしたのですけれども
昨年は急にとぼってしまいました

現在は
秋に見つけた数株を
家の中で冬越しさせています
本日蕾を見つけました

食べられるみたいですね

ちょっと試してみた気分です
Commented by pianix at 2013-01-26 17:55
まるび~さん、こんにちは。

すみません、私は食べた事がありません。
保証はありません。
家の中で大切に育てられている様子から、まるび~さんの優しさが感じられます。
残念ながら、「とぼって」の意味が分かりませんでした。
もしかしたら方言かな?
※ちなみに静岡の方言で、ごせっぽい、みるい、ぼったてる、ひどろしい等があります。

長い期間観察されたようですね。
お気づきの点がありましたらお教えいただいたら幸いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハキダメギク(掃溜菊) コセンダングサ(小栴檀草) >>