ハナカタバミ(花片喰)
 ハナカタバミ(花片喰)は、カタバミ科カタバミ属の多年草です。南アフリカ・ケープ地方原産の帰化植物で、江戸時代の天保年間に渡来したと言われてる、カタバミの園芸品種です。暖地では路地植ができ、野生もします。関東以南で越冬可能です。中国名は、大花酢漿草。

 カタバミ科(Oxalidaceae R.Br. (1818))は、8属約930種が分布します。カタバミ属(Oxalis L. (1753))は約850種があり、日本には6種が自生します。

 カタバミの属名はOxalis(オキサリス)で、酸っぱい事を表しています。これは葉に酸性成分の蓚酸(しゅうさん=oxalic acid)が含まれているためです。蓚酸の「蓚」は、中国名でスイバ(酢葉)の事です。そこから蓚酸と名付けられました。蓚酸を多量に採るとカルシウムと結合して不溶性の蓚酸カルシウムを作り出すため、尿路結石の原因となる事があります。カタバミの別名は、この酸味を表していて、スイグサ、スイモノグサ、スグサと呼ばれています。中国では酢漿草と書き表しますが、これはカタバミの当て字として使われています。

 ハナカタバミの花は大型で、そこから花の大きいカタバミの意味で名付けられました。花茎は30mm程あります。濃い紅色をしていて、中心部と葯の色は黄色です。日光が当たらないと花は充分に開かないのは、カタバミ全般に言える事です。葉は小葉が3枚の丸みのあるハート形(倒心形)で、花柄に細かい毛があります。似ているベニカタバミ(紅片喰)は、艶がある事で区別します。変種が幾つかあり、白色の花や斑入りの葉を持つものもあります。紡錘形の白い塊茎を持ち繁殖します。カタバミの印象は悪いようで、それを避けるためにオキザリス・ボーウィの名も使われています。でも、学名を言っているだけで何ら変わりません。

参考:カタバミ(傍食) ムラサキカタバミ(紫傍喰)

Japanese common name : Hana-katabami
e0038990_2334541.jpg
Oxalis bowiei Herb.


ハナカタバミ(花片喰)
別名:オキサリス・ボーウィ(Oxalis bowiei)
カタバミ科カタバミ属
学名:Oxalis bowiei Herb.
synonym : Oxalis purpurata Jacq. var. bowiei (Herb.) Sond.
synonym : Oxalis bowieana Lodd.
花期:10月~4月 多年草(耐寒性球根) 草丈:20~30cm 花径:3~5cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Oxalis : oxys(酸っぱい)/カタバミ属
bowiei : James Bowie(1789-1869)氏の
Herb. : William Herbert (1778-1847)
---
synonym(シノニム):同意語、異名。
purpurata : purpuratus(紅紫色の)
Jacq. : Nikolaus Joseph von Jacquin (1727-1817)
Sond. : Otto Wilhelm Sonder (1812-1881)
---
bowieana : James Bowie(1789-1869)の
Lodd. : Conrad Loddiges (1738-1826)

撮影地:静岡県静岡市
葵区安倍口 2005.10.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

31 August 2013, 18 August 2015
Last modified: 9 October 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-19 00:00 | | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2241224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surugaki at 2005-12-20 22:25
ハナカタバミは、初めて見ました。このブログ・・・「安倍川流域の野草」は、貴重な資料になりますね。
それに詳しくて、分かりやすいので、とても勉強になります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< カタバミ(傍食) ムラサキカタバミ(紫傍喰) >>