カタバミ(傍食)
 カタバミ(傍食)は、カタバミ科カタバミ属の多年草です。史前帰化植物と言われ、日本全国に分布します。カタバミ属で日本に自生(野生種)しているのは、カタバミ(傍食)、ミヤマカタバミ(深山傍食)、白花のコミヤマカタバミ(小深山傍食)等です。以前は酢漿草(さくしょうそう)、鳩酸草と漢字表記されましたが、現在では傍食に落ち着いてきました。酢漿草は、蓚酸(oxalic acid)を含むことに由来しています。

 カタバミ科(Oxalidaceae R.Br. (1818))は、8属約930種が分布します。カタバミ属(Oxalis L. (1753))は約850種があり、日本には6種が自生します。

 槍状の果実が熟すと、少しの刺激で種をはじき飛ばして拡散させます。繁殖力が旺盛で、農家や園芸を楽しむ人たちの悩める野草の一つになっています。花びらは5枚で、黄色です。葉も花も、夕方には閉じる日周運動をします。名の由来は、この日周運動によって閉じられた葉の様子から。染色体数は2n=24,48。

 葉は倒心形で、全縁です。葉を図案化して家紋として採用されて来ました。傍食紋と言い、その数は100種類を越え、桐紋の次に多い種類です。これは繁殖力の強さを武家社会が好んだためと思われますが、実際は平安時代から存在し、大名の他、公家にも多い事から真偽不明です。はっきりしているのは、カタバミが大変身近であった事で、その現れと言えます。「丸に片喰」「丸に剣片喰」の紋が代表的なものです。

 在来カタバミは1変種、3品種があります。ケカタバミ(毛片喰)が変種です。葉が赤紫色を帯びるアカカタバミ(赤傍食)は品種です。花びらが黄色で、立ち上がって咲くものは帰化種のオッタチカタバミ(御立片喰)です。ムラサキカタバミ(紫傍食)や、ハナカタバミ(花傍食)は帰化植物(帰化種)です。

・ケカタバミ(毛片喰)Oxalis corniculata L. var. trichocaulon H.Lev.
・オッタチカタバミ(おっ立ち片喰)Oxalis dillenii Jacq.

参考:ハナカタバミ(花片喰) ムラサキカタバミ(紫傍喰)

Japanese common name : Katabami
e0038990_23305055.jpg
Oxalis corniculata L.

e0038990_19223943.jpge0038990_19225050.jpg
黄色の5弁花。萼片は5個。

e0038990_19234815.jpge0038990_192463.jpg
左:雄しべは短長5本、花柱も5本 右:外種皮に包まれた種子。
e0038990_15593128.jpg
アカカタバミ(赤片喰)
Oxalis corniculata L. f. rubrifolia (Makino) H.Hara


カタバミ(傍食)
カタバミ科カタバミ属
学名:Oxalis corniculata L.
花期:5月~9月 多年草 草丈:2~10cm 花径:8mm 実期:6~10月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Oxalis : oxys(酸っぱい)/カタバミ属
corniculata : 小角のある
L. : Carl von Linne(1707-1778)
---
f. : forma(品種)
rubrifolia : rubrifolius(赤い葉の)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.75km 左岸河川敷 2005.11.02
安倍川/河口から8.00km 左岸河川敷 2007.04.29
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

20 December 2005
Last modified: 15 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-20 00:00 | | Trackback(1) | Comments(1)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2250082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 駿河木の家日記 at 2005-12-21 14:38
タイトル : 休耕地の雑草観察(その4)
休耕地の雑草観察(その2)に掲載させていただいたクローバーらしき花が何か分かりました。 今日は開花しましたので、花の形から植物図鑑で調べてみました。 確かに葉はクローバーと同じ形をしていますが、クローバの花は、未だ咲いていません。 ヨーロッパ原産のウマゴヤシ、別名アルファルファでした。 明治期に渡来し、北海道などで栽培された豆科の 帰化植物だそうです。栄養価が高く、牧草として 家畜の餌にしていたので、馬を肥やすことから 名づけられたようです。 芽生えたばかりの草は、新鮮野菜として食用...... more
Commented by surugaki at 2005-12-21 14:36
この記事を知っていれば、間違いを繰り返さなかったのですが、植物図鑑にウマコヤシと
書いてありました。再度、調べてみますと花の形が違っていました。確かにカタバミです。
よく詳細にご存知ですね。感服しました。その誤りの記事をTBさせていただきました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アラカシ(粗樫) ハナカタバミ(花片喰) >>