ヤツデ(八手)
 ヤツデ(八手)は、ウコギ科ヤツデ属の常緑低木です。関東以西に分布します。耐陰性で、大きな木に寄り添うように生えている場合が多いようです。日陰に植えるものとされているようですが、実際には陽が当たるところでも大丈夫で、かえってその方が樹形良く成長するようです。安倍川の河川敷にも咲いていて、毎年、花の咲く頃は何回も通って観察してしまいます。

 ヤツデの名前の通りに、葉が深く切れ込んだ手の形状(掌状)になっています。八手から8裂を想像しますが、必ずしもそうではなく、5~10裂のばらつきがあり、奇数であるほうが多いようです。葉は、互生します。直径20~40cm。葉柄は15~45cm。下の部分ほど葉柄が長く、上部ほど短くなります。これは日光を受けやすくする形態です。属名のFatsiaは、日本語音読みのHassyu(八手)ではないかとの説があります。

 花期は11月から2月頃。円錐状の散形花序をつけます。白色の花弁5枚があり、周囲に白く長い雄しべ5本が取り巻きます。これが花序全体をつんつんした感じにさせています。雌雄同株。雄性先熟であり、雄しべの成長の後に雌しべが成長してきます。中央にある雌しべは先端で5本に分岐します。虫媒花であり、花盤から糖度の高い蜜を出します。花弁が脱落すると雄しべもなくなり、雌しべが中央に残り、異なった雰囲気を作ります。やがて熟して黒色化します。果実は液果です。種子は7mm程の扁平楕円形。染色体数は、2n=24, 48。

 特別な品種はなく、斑入り、奇形、矮性などがあるのみです。実生、挿し木、株分けなどで容易に繁殖できます。

Japanese common name : Yatude
e0038990_19175757.jpg
Fatsia japonica (Thunb.) Decne. et Planch.
e0038990_19181217.jpg
蟻などの小昆虫が介在している事が多い


ヤツデ(八手)
別名:テングノハウチワ(天狗の葉団扇)
ウコギ科ヤツデ属
学名:Fatsia japonica (Thunb.) Decne. et Planch.
花期:11月~2月 常緑低木 樹高:3~5m 花径:5mm 花序:2~3cm 果期:3月~5月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Fatsia : 「八」に由来。ハッシュ(八手)との説も/ヤツデ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Decne. : Joseph Decaisne (1807-1882)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Planch. : Jules Emile Planchon (1823-1888)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から7.75km 左岸河川敷 2005.12.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: June 14, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-22 00:00 | | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2269898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surugaki at 2005-12-23 18:48
ガラス細工のように繊細ですね。八手の葉からは、想像することも出来ません。
Commented by Y.I at 2005-12-23 20:58 x
不躾なお願いに ご親切なお返事有難う御座いました。
白い二輪のお花の右に出ているのが葉です.葉先が6.7裂に、未だこれから成長期のようで みずみずしい可憐さが忘れられない想いでです。
Commented by pianix at 2005-12-25 21:52
surugakiさん
ヤツデの印象は、じつは、あまり良くないのです。しかし、変な花が咲いて、そこにハナアブとかハエなどが集まってくるので、毎年楽しみにしてしまっています。
「ガラス細工のように繊細」との感じ方は、多分、surugakiさんご自身の性質と共鳴しあって出てきた表現ではないかなと思いました。若い女の子の場合は、「かっわい~」で終わってしまいますね。私の感じ方は、「宇宙人みたい」の程度でした(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ウシハコベ(牛繁縷) アラカシ(粗樫) >>