ショウジョウバカマ(猩々袴)
 ショウジョウバカマ(猩々袴)は、シュロソウ科ショウジョウバカマ属の多年草です。日本や朝鮮半島、サハリンに分布します。日本では、北海道から九州までに分布する在来種です。名の由来は、花を猩々の赤ら顔、葉を袴に例えたものと言われています。猩々は、中国の伝説上の動物です。

 APG1)植物分類体系では、シュロソウ科(Melanthiaceae Batsch ex Borkh. (1797))で、北半球温帯に約16属170種が分布します。旧分類(新エングラー体系、クロンキスト体系)では、ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))で、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ショウジョウバカマ属(Helonias L. (1753))は、日本や台湾、朝鮮半島、サハリンに6種分布し、日本には3種が分布します。

 野や山地の湿地や林下に自生します。根生葉はロゼット状の葉で、放射状に広がり、やや革質のヘラ型で全縁、無毛、長さ5~20cm。草丈は10~30cmで、鱗片葉が花茎に数個付きます。花期は4~5月。茎頂に花柄を出し、総状花序に3~10の花を付けます。花披片は倒披針形。淡紅色から濃紅紫色で、濃淡の個体差があります。花被基部が膨らみます。雌性先熟で、開花前は雌性期、開花後に雄性期となります。雄しべ6個で、葯は黒紫色。子房上位。

 花後に茎が伸び、花被が退色して緑色になります。花は上を向くようになり果実が熟してきます。果実は蒴果です。長さ約8mmで、3~5にくびれます。熟すと裂開し、5mm程の両端に糸状の付属体が付いた線形の種子を多数出します。風による種子散布を行います。種子及び葉先に生じる不定芽(栄養繁殖体)により繁殖します。染色体数は、2n=34。

 他に、花弁が白い、ツクシショウジョウバカマ(筑紫猩々袴)Helonias breviscapa (Maxim.) N.Tanaka、別名シロバナショウジョウバカマ(白花猩々袴)。鹿児島、沖縄、台湾に分布し小型白色系で絶滅危惧II類(VU)の、コショウジョウバカマ(小猩々袴)Helonias kawanoi (Koidz.) N.Tanaka。白花種で絶滅危惧IB類のオオシロショウジョウバカマ(大白猩々袴)Helonias leucantha (Koidz.) N.Tanaka。台湾に分布する、ヒメショウジョウバカマ(姫猩々袴)Helonias umbellata (Baker) N.Tanakaがあります。

1)APG : Angiosperm Phylogeny Group (被子植物系統グループ)は、ゲノム解析に基づく分類体系を構築する団体。

参考文献:YAKUGAKU ZASSHI Vol. 73 (1953) No. 1 P 84-85 邦産植物ステリン成分の研究 (第2報) ショウジョウバカマの成分 (1) 武田 健一, 岡西 為人, 島岡 有昌

Japanese common name : Syoujou-bakama
e0038990_128093.jpg
Helonias orientalis (Thunb.) N.Tanaka
e0038990_1285969.jpg
茎頂に花柄を出し数個の花を付ける。花披片は倒披針形。

e0038990_1073547.jpge0038990_1074639.jpg
左:開花前 右:開花途中。葯は黒紫色。

e0038990_109565.jpge0038990_1091576.jpg
左:根生葉は放射状に広がる。 右:花茎につく鱗片葉。成長と共に間隔が広がる。

e0038990_10101654.jpge0038990_10102876.jpg
花色は淡紅色から濃紅紫色がある。

e0038990_20413544.jpge0038990_20415164.jpg
左:花後は緑色になる。 右:果実は蒴果。裂開して糸状の種子を出す。
e0038990_1011358.jpg
葉先に出た不定芽


ショウジョウバカマ(猩々袴)
シュロソウ科ショウジョウバカマ属
学名:Helonias orientalis (Thunb.) N.Tanaka
synonym : Heloniopsis orientalis (Thunb.) Tanaka
花期:4月~5月 多年草 草丈:10~30cm 花冠長:1~1.5cm 花径:約1.5cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Helonias : 詳細不明/ショウジョウバカマ属
orientalis : 東方の
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
N.Tanaka : 田中教之 Noriyuki Tanaka (?) 帝京大学教授
---
Heloniopsis : Helonias(属名)+opsis(似る)/ショウジョウバカマ属
breviscapa : brevi(短い)+scaposus(花茎)
Maxim. : Carl Maximowicz (1827-1891)
Tanaka : 田中長三郎 Tyôzaburô Tanaka (1885-1976)
---
synonym(シノニム):同意語、異名。

撮影地:静岡県静岡市
ダイラボウ(Alt. 561.1m) 2015.03.26
誓願寺山麓 2015.03.25
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

7 February 2015, 30 April 2015, 27 April 2016
Last modified: 11 June 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2015-04-28 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/22938061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ミズバショウ(水芭蕉) 2015里山情報(花沢山) >>