ヤブヘビイチゴ(薮蛇苺)
 ヤブヘビイチゴ(薮蛇苺)は、バラ科キジムシロ属の多年草です。主に東南アジアに分布し、日本では関東以西に分布する在来種です。半日陰の藪陰などに生育します。名の由来は不明です。蛇がいそうな藪に生育する事から蛇が食べる苺、匍匐茎が蛇のようだから等の説があり、ヘビイチゴと区別するために藪が付けられたと言われています。

 バラ科(Rosaceae Juss. (1789))は、世界に107属3100種が分布します。キジムシロ属(Potentilla L. (1753))は、世界に約300種があり、日本には約20種程が分布します。

 ヘビイチゴ(蛇苺)とオヘビイチゴ(雄蛇苺)、ヤブヘビイチゴは共にキジムシロ属で、大変良く似ています。ヘビイチゴは日向に咲く事が多く、ヤブヘビイチゴのほうが大型です。どちらも1本の花茎に5弁の黄色の花を1個咲かせます。染色体数は、2n=12x=84。

 相違点としてあげられるものに果実があります。果実の赤い部分は果床と言い、その上にいくつものぶつぶつした痩果(種子)が付いています。ヤブヘビイチゴは、この痩果に艶があり、ヘビイチゴは光沢がない事で区別します。光沢がないのは痩果に瘤状小突起があるためです。この果実に毒はなく、食べられない事はありませんが、すかすかして美味しくないので、食用にはしません。

 花期の場合は、萼で区別します。萼は2列になっていて、副萼片(外側にある萼片)が花より大きく出ているものがヤブヘビイチゴです。この形態はキジムシロ属の特徴です。葉は3出複葉で、ヤブヘビイチゴは先端がやや尖っている形に対し、ヘビイチゴは扇形に近い形をしています。

 品種に、白実をつける、シロミノヤブヘビイチゴ(白実野藪蛇苺)Potentilla indica (Andrews) Th.Wolf f. albocaput (Naruh.) H.Ohashi があり、福井県で1991年に発見されました。福井県の県域絶滅危惧Ⅰ類に指定されています。
 ヘビイチゴの白実品種は、シロミノヘビイチゴ(白実野蛇苺)Potentilla hebiichigo f. leucocephala (Makino) Yonek. et H.Ohashi で、牧野富太郎博士が1930年に栃木県で発見したものです。
 ヘビイチゴとヤブヘビイチゴの交雑種に、アイノコヘビイチゴ(あいのこ蛇苺)Potentilla × harakurosawae (Naruh. & M. Sugim.) H. Ohashi があり、果実は不稔です。

Japanese common name : Yabu-hebi-itigo
e0038990_1931337.jpg
Potentilla indica (Andrews) Th.Wolf
e0038990_1933462.jpg
艶がある痩果


ヤブヘビイチゴ(薮蛇苺)
バラ科キジムシロ属
学名:Potentilla indica (Andrews) Th.Wolf
synonym : Duchesnea indica (Andrews) Focke
花期:4月~6月 多年草 草丈:5~10cm 花径:16~24mm 果期:7月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Potentilla : potens(強力)の縮小形、薬効を持つ/キジムシロ属
indica : indicus(インドの)
Andrews : Henry Charles Andrews (fl. 1794-1830)
Th.Wolf : (Franz) Theodor Wolf (1841-1921)
---
Duchesnea : Antane Nicolas Duchesne (1747-1827)に因む/ヘビイチゴ属
Focke : Wilhelm Olbers Focke (1834-1922)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川 2005.11.17
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

June 11, 2008
Last modified: 17 July 2015 (Scientific name update)
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-30 00:00 | | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2342497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2006-01-05 14:26
こんにちは
これも区別つきにくいですね。
キレイな花なんですが、名前のせいか、みんなに注目されませんね。
うちの近くは ヘビイチゴがおおいです。チドメグサと先を争うように
勢力争いをしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ユズリハ(譲葉/交譲木/楪) オオジシバリ(大地縛) >>