ヒメガマ(姫蒲)-3/種子の自然散布
 ヒメガマ(姫蒲)は、ガマ科ガマ属の多年草です。温帯から熱帯に広く分布し、日本でも北海道から西南諸島の水辺に多く生育する水生植物です。それらは湿性植物・抽水植物・浮葉植物・沈水植物・浮漂植物などに別れます。ヒメガマは抽水植物で、挺水植物とも言います。根が水に浸かった地に張り、茎や葉の一部が水上に出る植物の事です。当然ながら根は水没しているわけで、根に酸素を供給する必要があるため、茎には通気組織があります。これらの抽水植物は、近年の環境変化により、多くが消滅の一途を辿っています。

 その昔は、安倍川流域にもたくさんのガマやヒメガマが存在していましたが、現在は激減し、探し出すのが難しい状態です。細々と小さな群生をしている箇所でヒメガマを採取して屋内で保存していました。それがある日、爆発したような状態で種子が飛び出してきたので驚いた事があります。生育地で実際に種子を出している所を見た事がありませんでしたから、何度も観察に出かけました。そしてついに、それを見る事ができました。綿毛の付いた種子が北風に乗って舞い立つ姿を見たのです。誇らしげなヒメガマの姿でした。

 ヒメガマは、ガマと草丈が同じくらい(150~200cm)です。異なるのは、ガマに比べて葉の幅が狭く6~10mm程しかないことです。男性的なガマに対比させて、ほっそりしている形態から女性的と例え、「姫」が冠せられました。雄花穂と雌花穂がつきますが、ガマが接触するのに対し、ヒメガマは5cm程離れています。雄花穂が先に脱落しますが、穂があった部分の茎色が変色していますから、ガマかヒメガマかを区別できます。

 なお、園芸店でヒメガマと称して出回っているのは、ティファ・ミニマ(Typha minima)という草丈80cm程の小型種である場合が多いようです。

参考ヒメガマ(姫蒲)-1 ヒメガマ(姫蒲)-2/種子の室内散布

Japanese common name : Hime-gama
e0038990_2217069.jpg
Typha domingensis Pers.


ヒメガマ(姫蒲)
英名:narrow-leaved cattail
ガマ科ガマ属
学名:Typha domingensis Pers.
花期:6月~8月 多年草 草丈:150~200cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Typha : tiphos(沼)/ガマ属
domingensis : domingo+ensis(中米サンドミンゴの)
Pers. : Christiaan Hendrik Persoon (1761-1836)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9km 右岸河川敷 2006.01.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

11 January 2006
Last modified: June 11, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-11 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2449815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ノゲシ(野芥子) ノイバラ(野茨) >>