コシオガマ(小塩竈)
 コシオガマ(小塩竈)は、ハマウツボ科コシオガマ属の1年草です。日本、中国、朝鮮半島に分布します。日本では、北海道から九州に分布する在来種です。名の由来は、小型でシオガマギク(塩竃菊)に似る事から。塩竈は塩を作る竈。歌舞伎の台詞「浜で美しいのは塩竃」を「葉まで美しい」に掛け合わせた言葉と言われています。

 ハマウツボ科(Orobanchaceae Vent. (1799))は、アジアやヨーロッパに約70属が分布します。コシオガマ属(Phtheirospermum Bunge ex Fischer & C.A.Mey. (1835))は、東アジアに5種があり、日本には1種が分布します。

 低山の日当たりの良い草地に自生します。根はあまり発達せず、他の植物の根から養分を奪う、半寄生植物です。茎には粘着性がある腺毛があり、全体的にべたつきます。直立して枝分かれして、草丈は20~70cmになります。葉は、対生します。長さ3~5cm、幅20~35mmの三角状卵形で、羽状深裂します。裂片は不規則に裂け、鋸歯があります。葉柄は、4~10mm。

 花期は9月から10月。枝先の葉腋に花を単生します。花冠は淡紅紫色。三角状筒形の唇形で、先端は上唇と下唇に2裂し、長さ約2cm。上唇は反り返り先端は2浅裂し、下唇は横に広がり先端は3浅裂します。花冠には下唇には白毛があります。萼は鐘形で5裂し、裂片は長楕円形。鋸歯と腺毛があります。雄しべは4本。葯は白色。果実は蒴果です。卵形で長さ約1cm。種子は楕円形で網目模様があり、約1mm。染色体数は、2n=16。

☆  ☆  ☆

※天気の良い日を選び、再撮影に行きました。残念ながら咲いていた場所には大量の盛り土が運び込まれ、埋まってしまい姿形が見えませんでした。林道の景観が良い場所でしたが、工事のための作業場所のようでした。

Japanese common name :Ko-siogama
e0038990_11373528.jpg
Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz
e0038990_11383226.jpg
葉は、対生し、三角状卵形。羽状深裂し、裂片は不規則に裂け、鋸歯がある。


コシオガマ(小塩竈)
ゴマノハグサ科コシオガマ属
学名:Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz
花期:9月~10月 1年草(半寄生植物) 草丈:20~70cm 花冠長:約2cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Phtheirospermum : phtheir(シラミ)+sperma(種子)/コシオガマ属
japonicum : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Kanitz : August (Agoston, Agost) Kanitz (1843-1896)
---
Vent. : Étienne Pierre Ventenat (1757-1808)
Bunge : Alexander Andrejewitsch (Aleksandr Andreevic, Aleksandrovic) von Bunge (1803-1890)
Fisch. : Friedrich Ernst Ludwig von (Fedor Bogdanovic) Fischer (1782-1854)
C.A.Mey. : Carl Anton (Andreevič) von Meyer (1795-1855)

撮影地:静岡県静岡市
林道高山線(Alt. ca.551m) 2016.10.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 29 December 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-12-29 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/25096941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アケボノソウ(曙草) ホコリタケ(埃茸) >>