クチナシ(梔)/果実
 クチナシ(梔)は、アカネ科クチナシ属の常緑低木です。中国、韓国、日本(鹿児島・高知)、インドシナの熱帯、亜熱帯地方を原産とし、日本では静岡県以西に自生します。名の由来は、筒状の果実が熟しても先端が開いたように見えない事から、口が無いの意味で付けられたと言われています。アカネ科(Rubiaceae)は世界に約600属、10,000種以上が存在し、クチナシ属は約250種の分布がみられ、日本には1種だけがあります。

 葉は対生し、楕円形で全縁です。光沢のある濃緑色をしています。6月から7月頃に、強い芳香がある白色の花を付けます。大きさは品種によって異なり5~10cm程。合弁花で先端は5~7裂します。萼も5~7個。雌しべは中央に突き出て、雄しべは花弁の間に沿って広がります。5~7本あります。開花後しばらくは白色ですが、やがて黄色味を帯びるようになります。

 10月から11月頃に、赤黄色の長卵形で6~7の稜(角のある筋)を持つ果実をつけます。果実の筒部分は萼であって、萼筒と呼ばれます。園芸品種のオオヤエクチナシ(大八重梔)は、大輪で八重咲きです。コクチナシ(小梔)はヒメクチナシ(姫梔)とも呼ばれ、花径5cm程の小振りです。

 生薬に用いるのは果実の種子で、日本薬局方・サンシシ(山梔子)として、鎮静・消炎・止血・解熱・利胆・肝臓病・黄疸に処方されます。また、外用として打撲・外傷・腰痛にも使われます。成分はイリドイド配糖体(gardenoside)です。但し、八重咲き種は結実しないため薬用には使われません。カロチノイド色素であるクロシン(crocin)を含み、繊維や食品の着色料(黄色)としても使われます。種子は5mm程の黒褐色又は黄赤色をした扁平の円形です。苦い味で、僅かな香りがあります。

参考:クチナシ(梔)

Japanese common name : Kutinasi
e0038990_16161581.jpg
Gardenia jasminoides Ellis


クチナシ(梔)
アカネ科クチナシ属
学名:Gardenia jasminoides Ellis
花期:6月~7月 常緑低木 樹高:1~2m 花径:5~10cm 果期:10~12月 実:3~4cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Gardenia : Alexander Garden (1730-1792)に因む/クチナシ属
jasminoides : Jasminum(ソケイ属ジャスミン)+ides(似た)
Ellis : John Ellis (1710-1776)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園「標本園」 2005.12.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 23 January 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-23 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2561920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Y.I at 2006-01-24 15:43 x
綺麗に何時も撮れてるので一瞬目を疑ってしまいます。
見慣れている植物でも撮りかたにより・・・改めて
よく観察してみます。 タバコの花初めてでした。 
Commented by pianix at 2006-01-25 13:14
Y.Iさん
綺麗に撮れないのですよ。恥ずかしくてしかたありません。
スナップ写真ならまともに写るのですが、ちょっと変わった事をしようとするとカメラがだだをこね始めます。
カメラを修理に出したので、それより壊れている古いカメラを使い始めました。
タバコの花、初めてご覧になったとの事で良かったです。
我が家にはいつも咲いているとなると、まずいですから(笑い)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) タバコ(煙草) >>