セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
 タンポポは大きく外来種と在来種に分けられます。外来種優勢と言われる中で、安倍川河川敷には在来種がたくさん咲きます。あるところで籾殻(もみがら)を敷き詰めた場所があり、タンポポが花を咲かせていました。外来種のセイヨウタンポポ(西洋蒲公英)ですが、その萼片が作り物のように整然としていたので鳥肌が立ちました。葉は、籾殻の中に埋まったままでした。

☆  ☆  ☆

 セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)は、キク科タンポポ属の多年草です。ヨーロッパ原産で、世界各地に進出している世界種(cosmopolitan species)です。明治時代に北海道の宣教師が野菜として栽培したものが逸出して野生化した、逸出帰化植物と言われています。北ヨーロッパでは春の貴重な野菜として栽培され、花が咲く前の葉を食用とします。日本では全国に分布します。生態系被害防止外来種(旧要注意外来生物)に指定されています。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種、日本には約70属360種が分布する巨大な分類群です。タンポポ属(Taraxacum F.H.Wiggers, 1780)は、日本に約22種、世界に400種程があります。

 和名の蒲公英は、タンポポとは読めません。漢名を充てたものだからです。ホコウエイと読む場合は、生薬名としてがほとんどです。名の由来は幾つかあります。綿毛が用具のタンポ(綿を布で包んだもの)に似ているからとか、頭花を鼓に見立てて叩く音に例えたとか数種あります。数が多いのは、どれも有力な根拠を持たないからです。

 総包は頭状花の基部にあり、全体を包むような構造物を指します。外側から順に、総包外片、角状突起、総包内片があります。一般的に、総包外片が反っているものをセイヨウタンポポとしています。実際には遺伝の攪乱があり、判別しにくいものが出現しています。花は黄色の舌状花が多数付く頭状花序で、下から子房、冠毛があり、雌しべには先が丸まった柱頭があります。種子には冠毛が付きます。大型の冠毛で、種子を広く散布するのに在来種より有利とされています。種子の色は灰褐色です。赤みを帯びるものはアカミタンポポ(赤実蒲公英)Taraxacum laevigatum DC.として区別されています。

 セイヨウタンポポとアカミタンポポは共に染色体が3倍体(2n=3x=24)の単為生殖(受粉無しに種子を作る)ですが、ごく稀に、1~2倍体を持つものが現れます。正常な花粉を作りだし、これが在来種と交雑する事になります。在来種に外来種の遺伝子を持つ種子を作らせる事から、盗賊種(Compilospecies)とも言います。

 多数の根出葉を出します。葉は倒披針形で、縁が深く羽状に切れ込みます。英語では、この様子を例えて、タンポポのことをDandelion(Dande=歯、lion=ライオン)と言います。長さは8~13cm程になります。茎は中空で、傷つけると乳液が出ます。根はローストして珈琲の代用品、花はワインの原材料、葉は野菜として利用されます。

参考:セイヨウタンポポ(西洋蒲公英) シロバナタンポポ(白花蒲公英) トウカイタンポポ(東海蒲公英)

Japanese common name : Seiyou-tanpopo
e0038990_21492596.jpg
Taraxacum officinale Weber ex F.H.Wigg.


セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
キク科タンポポ属
学名:Taraxacum officinale Weber ex F.H.Wigg.
花期:4月~6月/9月~11月 多年草 草丈:30~40cm 花径:35~50mm

e0038990_1095350.gife0038990_12135938.gif

【学名解説】
Taraxacum : tharakhchakon | talkh chakok(苦い草)/タンポポ属
officinale : officinalis(薬用の・薬効のある)
Weber : Georg Heinrich Weber (1752-1828)
ex : ~による
F.H.Wigg. : Friedrich Heinrich Wiggers (1746-1811)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から14.75km (足久保) 2006.01.17
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 8 February 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-08 00:00 | | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2704726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Y.I at 2006-02-09 12:28 x
タンポポもこれからがわが世の春ですね。一時西洋タンポポが蔓延し
日本タンポポが消滅するのではと心配しましたが 最近復活して来たように見受けられますが?
去年7月北海道の稚内で こうりんタンポポと タンポポもどき とか云うのを見て来ました。丈はいずれも4~50cm前者は赤褐色 後者は黄色で こうぞりなに似た感じでしたがチョット変・・・
Commented by pianix at 2006-02-09 21:38
Y.Iさん、こんにちは
今日は、ちょっとした用事でY.Iさん宅方面まで出かけました。
稚内ですか、どこだかわっかない、というシャレは自分でもしらけます。
コウリンタンポポ(紅輪蒲公英)Hieracium aurantiacum は、キク科ヤナギタンポポ属、別名:エフデタンポポ(絵筆蒲公英)ですね。
タンポポモドキというのは、ブタナ(豚菜)Hypochaeris radicata L. ですね。キク科エゾコウゾリナ属ですから、Y.Iさんの言われるとおり、コウゾリナに似ていますね。
「ちょっと変」という感じが分かるような気がします。コウリンタンポポは野生を見られましたか? もしそうであればこちらには咲いていないので良かったですね。
Commented by Y.I at 2006-02-11 21:27 x
アッ 利尻島の山の斜面でも見ました!!紅輪花に似ているので
こうりんタンポポというのかしら? なんて単純に・・・・そう云えば
外来種とか? 帰化植物? とか云っていた様にも思いました。

Commented by リンネ at 2011-04-14 18:18 x
とってもきれいなしゃしんですね。
Commented by pianix at 2011-04-15 11:02
リンネ大先生、きれいと言われ光栄です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< トウカイタンポポ(東海蒲公英) ワタ(綿) >>