トウカイタンポポ(東海蒲公英)
 トウカイタンポポ(東海蒲公英)は、キク科タンポポ属の多年草です。千葉県以西の東海地方の太平洋沿岸側に分布する在来種です。名の由来は、生育地方名を冠したタンポポ。別名のヒロハタンポポ(広葉蒲公英)は、葉幅が広い事に由来します。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布し、日本には約70属360種があります。タンポポ属(Taraxacum F.H. Wiggers, 1780)は世界に約400種類、細分して約2000種ほどあり、日本には約22種が野生しています。それらは大きく在来種と外来種に分けられます。

 トウカイタンポポは総苞外片が内片の長さの2/3程あり、カントウタンポポ(関東蒲公英)の1/2位よりも長めです。カントウタンポポの突起は小型ですが、トウカイタンポポは著しい突起があります。セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)のように総苞外片は反り返らず、密着しています。染色体は二倍体(2n=2x=16)で、有性生殖を行います(在来平地性二倍体種)。虫媒によって他家受粉を行う必要があるので、繁殖には豊かな自然環境が必要です。自家受粉はしない仕組みになっています(自家不和合性)。セイヨウタンポポと異なり、種子は秋に芽生えます。

 羽状に浅く裂けた根生葉の間から花茎を伸ばします。花茎には軟毛があります。茎から出る乳汁はイヌリン(Inulin・多糖類の一種)です。頭状花を1つを付けます。花色は黄色で、舌状花(花弁が筒状となり上部が平らで舌のような形をした花)が多数付きます。朝に開花し夕方に閉じる動作を数日続けます。最近はセイヨウタンポポとの雑種である中間種が多くなってきています。

★ ★ ★

 「名もない雑草」とは文学的表現で使われますが、植物分類学的に言えば発見者が名を付けることになるので、興味深い研究対象に早変わりです。「世界に一つだけの花」という言葉は観念的な表現であることを承知の上で、ひねくれた言い方をすれば、絶滅危惧種です。そして、ありふれた野草の一つであるタンポポは、実は素人の研究の域を超える難しい問題をはらんでいます。このブログでは表面的な事柄しか扱っていません。もし興味がおありでしたら、是非ともたくさんの論文をお読みになり、深く観察して新たな局面を開く研究をして頂きたいと思います。

 植物分類学は、ディオスコリデス(Pedanius Dioscorides, c.40-90 AD)の著した薬草誌「De Materia Medica」が最初と言われています。現在の植物分類学が確定したのはリンネ(Carl von Linne, 1707-1778)によります。その流れは人類の初穂であるアダムから連綿と受け継がれています。『主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、自分に合う助ける者は見つけることができなかった。』創世記2章19~20節(新共同訳聖書)。

参考:セイヨウタンポポ(西洋蒲公英) シロバナタンポポ(白花蒲公英) カントウタンポポ(関東蒲公英) 

Japanese common name : Toukai-tanpopo
e0038990_22382031.jpg
Taraxacum platycarpum Dahlst. var. longeappendiculatum (Nakai) Morita
e0038990_2239873.jpg
種子
e0038990_22443661.jpg


トウカイタンポポ(東海蒲公英)
別名:ヒロハタンポポ(広葉蒲公英)
キク科タンポポ属
学名:Taraxacum platycarpum Dahlst. var. longeappendiculatum (Nakai) Morita
synonym : Taraxacum longeappendiculatum Nakai
花期:2月~5月 多年草 草丈:10~30cm 花径:35~45mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Taraxacum : tharakhchakon(苦い草)の変形/タンポポ属
platycarpum : platycarpus(平ったい果の・大きな果実の)
Dahlst. : Hugo Gustav Adolf Dahlstedt (1856-1934)
var. : varietas(変種)
longeappendiculatum : longe(長い)+appendiculatus(附属物のある)
Nakai : 中井猛之進 Takenoshin Nakai (1882-1952)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.02.07, 2016.04.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 09 February 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-09 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2713309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< プリムラ・マラコイデス(Pri... セイヨウタンポポ(西洋蒲公英) >>