ノボロギク(野襤褸菊)
 ノボロギク(野襤褸菊)は、キク科キオン属の1年草です。ヨーロッパ原産で、アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニアに分布します。日本へは明治のはじめ頃(1887年)に侵入した非意図的移入の帰化植物です。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布します。日本には約70属360種があり、帰化種は100種以上あります。双子葉植物の中で最も進化した植物群と言われています。Compositae Giseke, 1792は保留名。キオン(黄苑)属(Senecio L. (1753))は、世界に約2000種が分布します。日本全国に分布し、10種以上が自生します。

 キオン属全種は、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」で、種類名証明書の添付が必要な生物に加えられています。在来種と競合しています。

 花後に白い綿毛がつくのを襤褸(ぼろ)に例えた名前です。ボロギク(襤褸菊)はサワギク(沢菊)の別名で、野に咲くサワギクに似たとの意味で名が付けられました。属名のSenecioも、綿毛を「老人」に例えたものです。繁殖力が強く、暖地では通年花を付けます。茎は多数に枝分かれし、中空です。葉は互生し、長倒卵形で、不規則な羽状の切れ込みがあります。濃緑色で光沢があります。

 花は黄色で、5mm程の管状花を付けます。蕾状のままで、平開することはありません。総苞の基部に、二等辺三角形状をした黒色の小苞片があり、目立ちます。綿毛のある痩果を付け、自家受粉します。家畜に有毒な物質を含みます。肝毒性や発がん性を有するピロリジジン・アルカロイド(pyrrolizidine alkaloids)を含んでいます。これはキオン属の植物全般に言えます。染色体数は2n=40。

参考:ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)

Japanese common name : Noboro-giku
e0038990_8365049.jpg
Senecio vulgaris L.
e0038990_837198.jpg


ノボロギク(野襤褸菊)
キク科キオン属
学名:Senecio vulgaris L.
花期:1月~12月 1年草 草丈:10~30cm 花径:5mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Senecio : senex(老人)に由来/キオン属
vulgaris : 普通の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
葵区西ヶ谷 2005.11.17
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 16 February 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-16 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2775178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2006-02-17 12:52
これ以上花が開かないんですね。
不思議な植物ですね。
外国から来たものだろうとは思っていましたが、
毒があるっていうのも知りませんでした。
この植物自体には罪はないのに、
襤褸ってつけられちゃったんですね。>o<
Commented by yamome516 at 2006-02-17 17:22
先の赤いのがあって、子どもの頃ビンにさしました。
花は、いつまでも開きませんでした。
きっと、これで、死んじゃったんだ!
そんな思い出の花であります。
Commented by pianix at 2006-02-18 19:21
brizuさん
襤褸とかモドキとか、色々ありますが、それは人間が付けた名前で、
植物自体は、そんな事はお構いなしなのでしょう。
毒があると言う事は注意を要しますが、
薬になると言い換えると見方も変わります。
Commented by pianix at 2006-02-18 19:24
yamome516さん
先が赤いのと言うとベニバナボロギク(紅花襤褸菊) でしょうか。
「きっと、これで、死んじゃったんだ!」は、新鮮な響きがしますね。
思いでの花は、いつまでも心の中に咲いていますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< フラサバソウ(フラサバ草) ザクロ(柘榴) >>