フラサバソウ(フラサバ草)
 趣味の時間を確保するのは大変です。幾つかの趣味を持っていますが、現在は野草観察に時間を費やしています。やらなければならない事が幾つもあるのに、天候が良いと出かけてしまいます。最近、卒園式の編曲を頼まれていたので外出を控えました。野草観察の時間を使わざるを得なかったからです。できあがって気持ちが軽くなったところで出かけました。そこで見つけたフラサバソウ。安倍川河川敷では見た事がなかったし、咲いていないと思いこんでいました。今日は、その群生に出会って驚きました。

 フラサバソウ(フラサバ草)は、ヨーロッパ及びアフリカを原産とするオオバコ科の越年草です。越年草とは、発芽後に年を越してから開花するものです。フラサバソウは11月頃に芽生えます。本州から九州にかけて分布しています。日本では明治初年に長崎で確認されました。実際は、それ以前から存在していた帰化植物です。

 オオバコ科(Plantaginaceae Juss. (1789))は、約90属1700種があります。ゴマノハグサ科から再編されました。旧ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae Juss. (1789))は、熱帯から寒帯に約220属3000種がある双子葉植物・合弁花類です。クワガタソウ属(Veronica L. (1753))は、北半球に約300種が分布します。日本には、約13種があります。

 一風変わった和名は、フランスの植物学者である、フランシエ氏(Adrien Rene Franchet, 1834-1900)と、サバチエ氏(Paul Amedee Ludovic Savatier, 1830-1891)の名前を組み合わせたものです。だから、Fra-Sava草との意味になります。学名の命名者にFranch. et Sav.と記載されている植物が多くありますが、このお馴染みのお二人の事です。それにしても、カスマグサ(カス間草)と良い勝負の変な名前です。

 フラサバソウは、オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)と同じクワガタソウ属で、大変よく似ています。クガイソウ属(Veronicastrum Heister ex Fabricius, 1759)という似た属名がありますが、果実が扁平形であるのがクワガタソウ属です。多くは群生します。茎は基部で枝分かれし、地を這い、立ち上がって高さ10~20cmとなります。葉は互生し、3~5の切れ込みがある広楕円形をしています。全体的に軟毛が多く、特に萼片に顕著です。この毛深さが特徴です。花色は薄青色で、4~5mmの小さな合弁花を葉腋に咲かせます。繁殖は種子によります。染色体数は、2n=54。

参考:オオカワヂシャ(大川萵苣) カワヂシャ(川萵苣)

Japanese common name : Furasaba-sou
e0038990_022296.jpg
Veronica hederaefolia L.
e0038990_022451.jpg
軟毛が多い


フラサバソウ(フラサバ草)
オオバコ科クワガタソウ属
学名:Veronica hederaefolia L.
花期:4月~5月 越年草 草丈:10~20cm 花径:4~5mm

【学名解説】
Veronica : Vettonicaの転訛|聖Veronicaに因む/クワガタソウ属
hederaefolia : hedera(キヅタ属)+efolia(のような葉の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km 右岸河川敷 2006.02.17
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

17 February 2006, 02 April 2012, 24 September 2015
Last modified: 8 July 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-17 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2783858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2006-02-20 11:06
あぁ、いいですねぇ。
この種類は、儚げな感じが
僕の琴線を刺激してきます。
群生、とても見てみたいです。
Commented by pianix at 2006-02-22 20:21
brizuさん、こんにちは
誰も見向きもしないような野草に興味を示すbrizuさんに私は興味を持ちます。
昔は外見を見ていましたが、最近は、その人の内にある小宇宙を見る事が多くなりました。それが私の琴線を刺激します。
Commented at 2007-03-30 14:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pianix at 2007-04-05 21:41
秋山補男さん

ご訪問いただきありがとうございました。
私の住んでいる近辺ではフラサバソウは多くありません。
オオイヌノフグリは多く咲きます。無線で東北のかたと話したところ、この花が好きだと言うか違いました。春を知らせてくれる野草だからとのことでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< キダチアロエ(木立アロエ) ノボロギク(野襤褸菊) >>