ヤブラン(薮蘭)/実
 ヤブラン(薮蘭)は、キジカクシ科ヤブラン属の多年草です。日本および東アジア原産で、本州以西の温暖な地域に分布します。蘭という名前が付いていますが、ラン科ではなくキジカクシ科に属します。藪に生え、シュンラン(春蘭)に似た葉を持つとの意味です。

  キジカクシ科(Asparagaceae Juss. (1789))は、約150属2500種が分布します。旧分類ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ヤブラン属(Liriope Loureiro (1790))は、東アジアに6種、日本に3種が分布します。

 日本の3種類は、葉幅が10mm程のヤブラン(薮蘭)、葉幅が4~7mmで小型版と言えるコヤブラン(小藪蘭)Liriope spicata Lour.、より小型で葉幅が2~3mmのヒメヤブラン(姫藪蘭)Liriope minor (Maxim.) Makinoです。園芸品種に、葉に斑が入ったフイリヤブラン(斑入り藪蘭)Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey f. variegata (L.H.Bailey) H.Haraもあります。

 葉は根生し、長さ30~50cm、濃緑色で光沢があります。葉の幅は約10mmで、先端は鈍頭です。伸ばした花茎に穂状花序を付けます。花は径6~7mm程で、淡紫色をした花被片が6枚あります。果実は6~7mmの球形をしている蒴果で、薄い果皮に覆われていて、初めは緑色で熟すと黒紫色になり、果皮が脱落して種子がむき出しの状態になります。

 ジャノヒゲ属のジャノヒゲ(蛇の髭)や園芸品種のタマリュウ(玉竜)等は、花は下向き、種子は濃青色ですが、ヤブラン属では、花は上向き、種子は黒色系となる事で判別できます。性質は耐寒性、耐暑性、耐陰性が強く繁殖力もあります。グランドカバーとしての用途に適しています。増殖は株分けや実生で行う事ができます。

参考:ヤブラン(薮蘭)の花

Japanese common name : Yabu-ran
e0038990_155112.jpg
Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey


ヤブラン(薮蘭)
別名:ヤマスゲ(山菅)
キジカクシ科ヤブラン属
学名:Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey
synonym : Liriope platyphylla F.T.Wang et T.Tang
花期:8~10月 多年草 草丈:30~50cm 花径:4mm 果期:11月~1月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Liriope : ギリシャ神話の女神の名Leiriopeに因む/ヤブラン属
muscari : muscarius(蝿のような)
Decne. : Joseph Decaisne (1807-1882)
L.H.Bailey : Liberty Hyde Bailey (1858-1954)
---
platyphylla : platyphyllus(広い葉の)
F.T.Wang : Fa Tsuan Wang (1899-1985)
et : 及び(命名者が2名の時など・&に同じ)
T.Tan : Tsin Tang (1897-1984)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川源流 2006.02.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

20 February 2006, 5 June 2015
Last modified: 6 September 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-20 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2806904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< カントウタンポポ(関東蒲公英) キダチアロエ(木立アロエ) >>