ボケ(木瓜)
 ボケ(木瓜)は、バラ科ボケ属の落葉低木です。中国が原産地と言われ、日本へは平安時代頃に伝来したと言われています。当時は薬用植物としての扱いであったようです。「木瓜」は、果実の状態を表しています。長さ10cm、直径7cm程の瓜のような形をした果実を付ける為です。ボクカまたはモクケ(モッケ)と称されたものがボケに変化したと考えられます。「本草和名」には、和名「毛介(モケ)」と記載されています。英名は、Japanese quince(日本のマルメロ)。

 バラ科(Rosaceae Juss. (1789))は、世界に約100属3000種が分布すると言われ、日本には36属、約160種が自生します。6亜科に分類され、日本には4亜科1)があります。ボケはナシ亜科(Maloideae)です。ボケ属(Chaenomeles J.Lindley, 1821)は東アジアに4種が分布します。

 園芸として盛んになったのは江戸時代からで、品種作出は大正時代からと言われています。栽培は北海道から九州までの地域で行われています。耐寒性があるため、欧米でも貴重な花木とされ、幾つかの品種が生み出されています。我が国には、日本原産のクサボケ(草木瓜・Choenomeles japonica (Thunb.) Lindl. ex Spach)があり、ボケとクサボケの交雑品種も多く生み出されています。約200品種があり、登録されている品種は約50種です。

 葉は互生します。長さ3~7cm程の長楕円形で、光沢があります。細かい鋸歯があり、先は尖ります。葉の付け根には扇形の托葉があり、短枝は鋭い棘になります。花期は3月から4月で、基本種は花径2~3cmの5弁花を多数付けます。品種により、一重・八重があります。雌雄同株です。花後に洋梨形の果実ができます。果柄は、ほとんどありません。染色体数は、2n=34。

 園芸品種として、クサボケ育成種で二季咲きの「長寿梅」、冬咲き一重大輪の「寒木瓜」、春咲き3色同一株の「東洋錦」、ボケ品種で黒みが入った一重大輪の「黒光」、一重大輪で緋赤色の「緋の御旗」、八重大輪で鮮紅色に白斑入りの「昭和錦」、八重大輪で白花の「大八州(おおやしま)」、ボケとクサボケ間種で一重大輪の「谷間の雪」等があります。外国品種としては、サーモンピンク色の「ピンク・レディー」、葯が黄色で花弁が緋赤色の「クリムソン・アンド・ゴールド」等があります。

 カリンも同じボケ属です。カリンと同様に、ボケの果実を使ってボケ酒が作られます。繁殖は通常、挿し木によります。

1)バラ亜科(Rosoideae)、サクラ亜科(Prunoideae)、ナシ亜科(Maloideae)、シモツケ亜科(Spiraeoideae)の4つの亜科。

Japanese common name : Boke
e0038990_14392596.jpg
Chaenomeles speciosa (Sweet) Nakai


ボケ(木瓜)
別名:カラボケ(唐木瓜)
バラ科ボケ属
学名:Chaenomeles speciosa (Sweet) Nakai
花期:3月~4月 落葉低木 樹高:1~3m 花径:2~3cm 果期:7~8月

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Chaenomeles : chaino(開ける)+melon(リンゴ)|裂けた林檎/ボケ属
speciosa : speciosus(美しい、華やかな)
Sweet : Robert Sweet (1783-1835)
Nakai : 中井猛之進 Takenoshin Nakai (1882-1952)

撮影地:静岡県静岡市
葵区伊呂波町(植栽) 2006.02.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 February 2006
Last modified: 24 March 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-25 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2849790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2006-02-27 11:13
こんにちは
ボケは難しいですね。
って僕がうまく、いかせなかっただけかもしれませんが。
何度かからしてしまったことがあり、
それ以来、鉢でも手に入れようとはしていません。
これも春を告げるキレイな花ですよね。
Commented by pianix at 2006-03-01 20:03
brizuさん
私は、土手のクサボケを採取した事があります。たくさんの人が近寄ってきて結局は、その人達が掘り起こしてくれました。
brizuさんのボケは、どうして枯れてしまったのでしょう。病気でしたか?
赤星病、根頭ガン種病などを発生しますね。
私は現在、生き物も花も育ててはいません。
何十年も連れ添ってくれている観葉植物だけは面倒を見ています。
生き物相手は難しいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オオアラセイトウ(大紫羅欄花) ツクシ(土筆) >>