キュウリグサ(胡瓜草)
 キュウリグサ(胡瓜草)は、ムラサキ科キュウリグサ属の越年草です。東アジアの各地に分布し、国内では全国に分布する在来種です。麦類と共に入ってきた史前帰化植物1)と考えられています。キュウリグサの名の由来は、葉を揉むとキュウリのような臭いがする事から。

 ムラサキ科(Boraginaceae Juss. 1789)は、地中海沿岸などの温帯地域を中心に約154属2500種類が分布し、日本には14属28種が分布します。キュウリグサ属(Trigonotis Steven (1851))は、世界に50種程が知られています。

 秋に発芽し、ロゼットを形成して越冬します。茎には白色の細毛があります。根元で3~5本に枝分かれします。葉は互生し、単葉の長楕円形で柄があり、全縁です。根生葉は花期に枯れます。花期は3月から5月で、茎の先に渦巻き状の蠍形花序(さそりがたかじょ)を付けます。渦巻きの捩れを解きながら下から順に花を付けながら花序を伸ばします。これはムラサキ科の特徴です。

 萼は5枚。花の径は2mm程で極小さく、5裂しています。5枚の花びらに見えますが、合弁花です。淡青紫色で、花筒に淡黄色で5つの副鱗片があります。その内側に雄しべが5本あります。ワスレナグサ(勿忘草)の超小型版のようです。類似種にハナイバナ属のハナイバナ(葉内花)Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce.があります。

★  ★  ★

 マクロ撮影をしていると人が寄ってくる事が良くあります。息を殺して伏せていたら、誰だって怪しいと思うのは無理からぬ事です。先日は、2名のご婦人に花の説明をしたら、「あんたは、天皇の家来だ」と言われてしまいました。『雑草という名の植物は無い』と言われた昭和天皇を持ち出して頂き光栄の至りでしたが、残念ながら師弟関係にはありませんでした。少々ひねくれ者の私は、もし新種を発見したら、Zasso japonicaという学名を付けるぞと冗談を飛ばしています。そうなれば、雑草という名の植物はある事になってしまいます。学名の正式記載はまだですが(2005年現在)、ハテナ(Hatena arenicola Okamoto & Inouye, 2005)と言う原生生物は、面白いネーミングだと感心しています。

 1)帰化植物は大別すると次のように分けられます。自然帰化植物、逸出帰化植物、仮住帰化植物、予備帰化植物、史前帰化植物です。自然帰化植物は、気が付かない内に侵入してきて帰化したもの。逸出帰化植物は、人為的帰化植物とも言われ、有用植物が栽培状態から脱して野生化したもの。仮住帰化植物は、侵入後発芽に成功するものの、気候風土になじまず短期間の内に消滅するもの。予備帰化植物は、準帰化植物とも言われ、一部地域に帰化したものの広域には拡大していないもの。史前帰化植物は、有史以前に稲作技術に伴って伝播してきたもので、文献などの記録が無い植物群の事です。

Japanese common name : Kyuuri-gusa
e0038990_10135932.jpg
Trigonotis peduncularis (Trevir.) F.B.Forbes et Hemsl.


キュウリグサ(胡瓜草)
ムラサキ科キュウリグサ属
学名:Trigonotis peduncularis (Trevir.) F.B.Forbes et Hemsl.
花期:3月~5月 越年草 草丈:10~30cm 花径:2mm 果期:5~6月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Trigonotis : trigonos(三角)+ous(耳)|種子の形による/キュウリグサ属
peduncularis : 花柄のある
Trevir. : Ludolf Christian Treviranus (1779-1864)
F.B.Forbes : Francis Blackwell Forbes (1839–1908)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
Hemsl. : William Botting Hemsley (1843-1924)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から12km 左岸河川敷 2006.02.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

28 February 2006
Last modified: 31 May 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-28 00:00 | | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2881237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by J.J at 2006-03-03 20:25 x
美しい写真ですね、いつも楽しみに拝見させていただいています。
キュウリより胡瓜草のほうが、はるかに先住民といった感じを受けます。
胡瓜草と呼ばれる前は、何とよばれていたのでしょうか。
史前帰化植物の定義をお教えください。ちなみに今晩は、胡瓜入り鰺の南蛮付けを、いただきます。
Commented by pianix at 2006-03-05 23:15
JJ.Jさん

史前帰化植物に付いては、以下を参照してください。
簡単な要約です。
スズメノカタビラ(雀の帷子)
http://pianix.exblog.jp/2665335/

あるいは、このページ内の[検索]に入力して見てください。

「日本帰化植物写真図鑑」をお持ちのようですが、
それには記載されていませんでしょうか。
また、キュウリグサの古名は何でしょうかね。タビラコは違いますし。

それよりも、「胡瓜入り鰺の南蛮付け」は、如何だったでしょう。
美味しそうな話です。花より団子。
Commented by J.J at 2006-03-06 10:29 x
「胡瓜入り鰺の南蛮付け」美味しかったです。
ご指導ありがとうございました。
胡瓜草、何と呼ばれていたのでしょうね。
胡瓜 草とはきれいな響きかと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シロバナヤブツバキ(白花藪椿) オオアラセイトウ(大紫羅欄花) >>