ハナモモ(花桃)
 モモ(桃)は、バラ科モモ属の落葉高木です。中国が原産で、日本への渡来はかなり古く、弥生遺跡からの出土があります。古事記や日本書紀に登場するモモは、現在のモモであるかは不明です。日本には古来からヤマモモ(山桃)があり、中国からのモモはケモモ(毛桃)と言われていたようです。旧分類のサクラ属は6亜属に分けられ、サクラ亜属・ウワミズサクラ亜属・モモ亜属・スモモ亜属・ウメ亜属・ニワウメ亜属となります。モモは、サクラ属モモ亜属になります。

 果物を採る為のモモはミモモ(実桃)、観賞用のモモはハナモモ(花桃)と言われます。日本で園芸品種としてのハナモモが作り出され、20品種程があります。江戸時代(徳川中期)に始まり、果樹品種改良は、中国や欧米からの品種を元にして明治になってから始まりました。その品種は、白鳳・甘天津、ネクタリンに興津・秀峰、蟠桃(扁平果実)に、八重咲蟠桃などがあります。矮性種にボナンザとゴールデングローリーがあります。

 ハナモモの品種は、枝垂れ系・箒性(縦に枝が伸びる)系・矮性系の3つの系統に分けられます。白色と桃色を基本色とする若干の花色があり、開花期と花弁の変化がある程度です。その全ては八重咲きで、小さな実を付けます。白花早咲きのカンパク(寒白)、桃色八重咲きで切り花用のヤグチ(矢口)、濃桃色のキクモモ(菊桃)、エダタレモモ(枝垂れ桃)、紅白を咲き分けるキメラ(chimera) 状態のゲンペイモモ(源平桃)などがあります。キメラ生物とは、複数の種の細胞が混在する生物の事です。

 花弁は、通常5枚で、八重咲きは10枚以上。花柄は非常に短く、枝から直接付く状態になります。葉は、花に先だって展開します。互生し、長楕円状披針形で、粗い鋸歯があります。花の径は3~5cmで、雄しべは多数付きます。自家受粉します。種子をトウニン(桃仁)として生薬に用います。青酸配糖体アミグダリン(amygdalin)を含みます。

 桃の節句の起源は平安時代で、当時は五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)がありました。その内の上巳(じょうし)の節句は、薬草による厄除けと健康祈願の行事です。後に、紙で作った着せ替え人形遊びと融合し、女の子の厄除けと健康を願うお祝いの日となります。室町時代に旧暦3月3日に定着し、桃の節句となりました。明治に旧暦の日付をそのまま置き換えて現在に至っています。

e0038990_1040523.jpg
Amygdalus persica L. ‘寒白’
 

ハナモモ(花桃)
バラ科モモ属
学名:Amygdalus persica L.
synonym : Prunus persica (L.) Batsch
花期:3月~4月 落葉高木 樹高:120~700cm 花径:3~5cm 果期:7~9月

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Amygdalus : アーモンド/モモ属
persica : persicus(ペルシャの)|原産地俗説の名残による
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
Prunus : plum(スモモ)のラテン古名/サクラ属
Batsch : August Johann Georg Karl Batsch (1761-1802)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.25km 東岸河川敷 2006.03.03
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

3 March 2006
Last modified: 7 March 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-03 00:00 | | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2901291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 鉄道-廃線-踏切-海外旅行 at 2006-03-28 22:53
タイトル : 新宿御苑の桜
新宿御苑の桜は種類が多いので蕾だけのものから満開に近いものまであります. 写真は中の池に近い中央休憩所傍にあるバラ科サクラ属のゲンペイモモです.「モモの八重咲き咲き分け品種.花は白花,紅花,桃色を咲分ける.絞りが入ることもある」と書いてあります.... more
Tracked from 花言葉事典 at 2006-04-02 17:07
タイトル : 今日はこの花っ!★ 花ことば366日の世界:第196号「..
スモモの花言葉は「忠実」です。毎日花言葉のメルマガを発行中です。ご訪問ください。... more
Commented at 2008-03-29 18:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pianix at 2008-04-17 12:14
piano-womanさん、こんにちは。
リンクありがとうございました。
piano-womanさんと「原点」が似ているようです。

現在は記事更新していませんが、登山をして山の花を観察しています。撮りためた写真が溢れかえって収拾がつきません。(苦笑い)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ナミハナアブ(並花虻) 2 ハナニラ(花韮) >>