ハナニラ(花韮)
 やればできると言われながら、私は勉強をやりませんでした。やるか、やらないのか、そこが分かれ目のような気がします。やる人は、それが一種の才能なのかもしれません。では、何故やらなかったのか。それは学習の行き着くところを示唆されなかったのが原因だったかもしれません。これはどこでどのように役立つ、という具体的なイメージを与えられていれば、必要性を感じて奮起したかもしれません。

 そしてもう一つは、学習の方法を教わらなかった事が挙げられます。教える側は、この点に留意しなければいけないのだと感じています。しかし、学校は全てを教えてくれるわけではありません。多くの若い人たちが、それは学校で教えてもらわなかったと言って免罪符にしようとします。必要を感じたら、自分から学ばなければならないのは当然の事です。ですから、社会に出ても通用する学習方法を教師が教えていてくれたら、率先して学べるのではないかと考えています。

☆ ☆ ☆

 土手斜面に春の花が少しずつ出てきました。毎年顔を出すハナニラも、まだ数は少ないけれど咲き始めました。ここ1週間ほどで季節の雰囲気は、がらりと変わりました。このハナニラは、最初に誰かが植えたのかもしれませんが、今では野生しています。さて、咲くべきか、咲かざるべきか、植物の世界でも迷う事はあるのでしょうか。

 ハナニラ(花韮)は、ヒガンバナ科ナハニラ属の多年草です。南米アルゼンチン、ペルー、ウルグアイ原産で、平地に自生します。日本へは明治中頃に渡来したと言われています。北海道から九州に分布し、野生化しています。 

 ヒガンバナ科(Amaryllidaceae J.St.-Hil. (1805))は、世界の熱帯から温帯にかけて約59属860種が分布します。クロンキスト体系ではユリ科(Liliaceae Juss. (1789))に分類され、世界の熱帯と温帯に約280属4000種が分布します。

 この花の属名は多くの変遷を経ています。Brodiaea、Triteleia、Milla、Leucocoryne等です。ここではIpheion(イフェイオン)としました。ハナニラの名の由来は、葉を揉むとニラのような臭いがする事から。英名は、spring star flowerです。春の星形をした花として、ふさわしい名前になっています。主な品種に濃青色で花径5cm程の、ウィズレー・ブルー'Wisley Blue'があります。

 球根は1~2cm程の卵球形です。鱗茎から10~20cm程の細い花茎を立て、花茎1本に1花(単頂花序)を咲かせます。花は花被片6枚の白色あるいは淡青色で、先端が尖ります。葉は広線形肉質で、ニラのように細く、10~20cmの長さになります。地面を這い直立しません。葉や鱗茎は葱の臭がします。分球によって繁殖します。

Japanese common name : Hana-nira
e0038990_10545689.jpg
Ipheion uniflorum (Graham) Raf.


ハナニラ(花韮)
別名:セイヨウアマナ(西洋甘菜)/トリテリア
ヒガンバナ科ナハニラ属
学名:Ipheion uniflorum (Graham) Raf.
花期:3月~4月 多年草(球根) 草丈:10~20cm 花径:3~4cm

e0038990_12135938.gife0038990_1095350.gif

【学名解説】
Ipheion : 詳細不明:Asphodelus(ツルボラン属)/ナハニラ属
uniflorum : uniflorus(単花の)
Graham : Robert Graham (1786-1845)
Raf. : Constantin Samuel Rafinesque(-Schmalz) (1783-1840)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9km 左岸土手 2006.03.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

2 March 2006
Last modified: 7 September 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-02 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/2906391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by buona-fortuna_ma at 2006-03-05 13:20
ハナニラってきれいですね うちもハナニラの球根が植わってるんですが、毎年葉しかでないので花を見たことありません
Commented by pianix at 2006-03-05 23:21
buona-fortuna_maさん

葉しか出てこないハナニラだと、ハニラですね。
多分、buona-fortuna_maさんが綺麗に咲いているので
ひがんでいるのではないでしょうか。
Commented by brizu at 2006-03-06 12:51
この花は、こちら横浜でも自生しています。
今年はまだ見かけませんが、
そのうち一斉に出てくるでしょう。
不思議な感じがすると思っていたのですが
これもまた外来種だったのですね。
白がまぶしい花です。
Commented by pianix at 2006-03-06 17:16
brizuさん

そちらのハナニラは白色種ですか。
性質が強いので、どこにでも出てきますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハナモモ(花桃) シロバナヤブツバキ(白花藪椿) >>