ムラサキケマン(紫華鬘)
 ムラサキケマン(紫華鬘)は、ケシ科(ケマンソウ科1))キケマン属の2年草です。中国、朝鮮半島、日本に分布し、国内では全国に分布する在来種です。名の由来は、花色が黄色のキケマン(黄華鬘)に対して、本種は紫色である事から。華鬘とは、寺院の堂内を飾る花の輪を形取った透かし彫り仏具の事です。しかし似ている訳ではありません。別名のヤブケマン(藪華鬘)は、藪に生える事から。まとめてケマンソウ(華鬘草)と言いたいところですが、ケマンソウはコマクサ属の別種です。

 APG体系、新エングラー体系ではケシ科(Papaveraceae Juss. (1789))に分類されます。北半球に43種820種が分布します。日本には7種20種、日本固有種は1属4種3変種があるとされています。キケマン属(Corydalis A.P. de Candolle, in Lamarck et A.P. de Candolle, 1805)は、世界に約200種、日本には約20種が分布します。

 茎の断面は5角形。草丈は20~50cm程になります。葉は互生し、葉柄があります。羽状に細かく裂ける2回3出複葉です。茎や葉を傷つけると嫌な臭いがします。花期は4月から6月。茎の上部に紅紫色の筒状唇形花を総状に付けます。花冠長は約2cm。萼片は2個で小型で糸状。雄しべは2個。虫媒花です。

 果実は蒴果です。マメ科の鞘のような形をしていて、長さ約1.5cm。熟すと二つに裂開し、径1.5~2mm程の黒い種子を散らす自動散布をします。種子は痩果で、仮種皮が付いています。種沈(エライオソーム(Elaiosome))があり、蟻などに運んでもらう動物散布で分布を広げます。

 全草にプロトピン(Protopine)等の毒があり、誤って食べた場合は嘔吐・呼吸困難・心臓麻痺等の中毒症状が出ます。

 稀に白色品種の、シロヤブケマン(白藪華鬘)Corydalis incisa (Thunb.) Pers. f. pallescens Makino があります。

1)クロンキスト(Arthur John Cronquist, 1919-1992)体系では、ケマンソウ科(Fumariaceae Marquis (1820))です。モクレン綱(Magnoliopsida)、モクレン亜綱(Magnoliidae)、ケシ目(Papaverales)です。ケマンソウ科は、北半球に16属450種程が分布します。

Japanese common name : Murasaki-keman
e0038990_1751250.jpg
Corydalis incisa (Thunb.) Pers.

e0038990_22535585.jpge0038990_22542452.jpg
果実は狭長楕円形の蒴果で下垂させる

e0038990_2259162.jpge0038990_22592117.jpg
果実は、熟すとパチンと激しく爆ぜて2つに裂開して丸まり、種子を飛ばす
e0038990_17513134.jpg
シロヤブケマン(白藪華鬘))
Corydalis incisa (Thunb.) Pers. f. pallescens Makino


ムラサキケマン(紫華鬘)
別名:ヤブケマン(藪華鬘)
ケシ科キケマン属
学名:Corydalis incisa (Thunb.) Pers.
花期:4月~6月 2年草 草丈:20~50cm 花径:5mm 花冠長:約2cm

e0038990_2163229.gife0038990_10353896.gif

【学名解説】
Corydalis : Korydallis(雲雀)/キケマン属
incisa : incisus(鋭く裂けた)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Pers. : Christiaan Hendrik Persoon (1761-1836)
---
f. : forma(品種)
pallescens : 淡白色の
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
---
Juss. : Antoine Laurent de Jussieu (1748-1836)
A.P. de Candolle = DC. : Augustin Pyramus de Candolle (1778-1841)
Lamarck : Jean Baptiste Antoine Pierre de Monnet de Lamarck (1744-1829)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.03.23
千代山(Sensdai-yama Alt.226m) 2007.04.30
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

First draft: 1 April 2006, 5 July 2015, 16 November 2016
Last modified: 1 April 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-01 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3141345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ギンヨウアカシア(銀葉アカシア) シナレンギョウ(支那連翹) >>