カスマグサ(カス間草)
 カスマグサ(カス間草)は、マメ科ソラマメ属の越年草です。ユーラシア大陸の暖温帯に広く分布し、日本では本州から沖縄にかけて分布します。名の由来は、カラスノエンドウ(烏野豌豆)スズメノエンドウ(雀野豌豆)の中間の大きさである事から、それぞれの頭の文字をとり、カとスの間となったと言われています。

 マメ科(Fabaceae Lindl. (1836))は、世界に約650属18,000種があり、ソラマメ属(Vicia L. (1753))は、2亜属22節、約140種があります。

 細い茎は30~60cmほどになります。葉は互生します。線状で狭長楕円形の小葉は4~6対で8~12枚あり、偶数羽状複葉です。先端が円頭でやや尖ります。頂小葉が無く、先端は巻き髭になります。花期は、4月から5月頃。葉腋から花茎を伸ばし、旗弁に紅紫色の紋様がある5~7mmの花を3~6個つけます。果実は10~15mmの長さで、無毛の豆果です。3~6個の種子を付けますが、通常は4個です。染色体数は、2n=14。

Japanese common name : Kasuma-gusa
e0038990_20115812.jpg
Vicia tetrasperma (L.) Schreb.

e0038990_20121787.jpge0038990_20123213.jpg
花と豆果


カスマグサ(カス間草)
マメ科ソラマメ属
学名:Vicia tetrasperma (L.) Schreb.
花期:4月~5月 越年草 草丈:30~60cm(蔓性) 花径:5~7mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Vicia : vincire(巻き付く)/ソラマメ属
tetrasperma : tetraspermus(四種子の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Schreb. : Johann Christian Daniel von Schreber (1739-1810)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 左岸土手 2006.04.13
安倍川/河口から8.50km 左岸土手 2016.04.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

13 April 2006, 30 May 2014
Last modified: 19 April 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-13 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3220200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ニリンソウ(二輪草) 4月のクイズ >>