スズメノエンドウ(雀野豌豆)
 スズメノエンドウ(雀野豌豆)は、マメ科ソラマメ属の1年草です。中国、アフリカ北部、イギリス等の北半球の温帯地域に広く分布し、国内では本州以西から沖縄までに分布する在来種です。名の由来は、カラスノエンドウ(烏野豌豆)1)に比べて小さいので雀が充てられたと言われています。

 マメ科(Fabaceae Lindl. (1836))は、世界に約650属18,000種があり、ソラマメ属(Vicia L. (1753))は、2亜属22節、約140種があります。

 ソラマメ属のよく知られた仲間は3種類あり、花の大きさの順で言えば、カラスノエンドウ(烏野豌豆)カスマグサ(カス間草)>スズメノエンドウとなります。カラスノエンドウは通称で、標準和名はヤハズエンドウ(矢筈豌豆)です。その他に、ヨーロッパ原産の外来種であるホソバヤハズエンドウ(細羽矢筈豌豆)、通称ホソバカラスノエンドウ (細葉烏野豌豆)があり、ヤハズエンドウより若干小型になります。

 根元から枝分かれした、細い蔓状の茎を伸ばします。葉は互生します。6~7対(12~14枚)の狭卵形小葉をつける羽状複葉で、先端は枝分かれした巻き髭になります。小葉の先には棘状の突起があり、茎や葉には毛が生えています。花期は4月から6月頃。葉腋から花柄を出し、白紫色で長さ3~4mm程の蝶形花を4つ前後つけます。萼は5つに裂けます。カラスノエンドウにある花外蜜腺は、本種にはありません。果実は豆果で、短毛があります。長さ6~10mm程の楕円形で、2個の種子が入っています。熟すと種子を弾いて飛ばす自動散布型です。

1) 標準和名は、ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)。
※スズメ・ノエンドウ(雀・野豌豆)であり、「雀の豌豆」と解釈する人が多いですが誤りです。

Japanese common name : Suzume-noendou
e0038990_202211.jpg
Vicia hirsuta (L.) Gray

e0038990_2022443.jpge0038990_2023972.jpg
2007.03.26
e0038990_2025711.jpg
熟した豆果 短毛に覆われ、種子は2個(2006.5.1)


スズメノエンドウ(雀野豌豆)
マメ科ソラマメ属
学名:Vicia hirsuta (L.) Gray
花期:4月~6月 越年草 草丈:30~50cm(蔓性) 花径:3~4mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Vicia : vincire(巻き付く)/ソラマメ属
hirsuta : hirsutus(粗毛ある・多毛の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Gray : Samuel Frederick Gray (1766-1828)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸 2006.04.15, 2006.05.01
安倍川/河口から11.25km 左岸 2007.03.26
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

15 April 2006, 09 April 2011
Last modified: 30 May 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-15 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3232166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハナイバナ(葉内花) ニリンソウ(二輪草) >>