シャガ(射干/著莪)
 シャガ(射干/著莪)は、アヤメ科アヤメ属の多年草です。中国が原産地です。古くに渡来した史前帰化植物と言われていて、本州以西から九州にかけて自生しています。学名の種小名にjaponica(日本の)とありますが誤りです。学名の幾つかは原産地を取り違えているものがあります。また、「射干」も誤って伝えられたものです。中国名を音読みしたもので、ヒオウギ(檜扇)を指します。葉の形状が似ていた為、取り違えられたと推測されます。「著莪」は、俳句などの文学的表現に使われます。「胡蝶花」の胡蝶は蝶の事で、花を蝶に見立てた名前です。

 アヤメ科(Iridaceae Juss. (1789))は世界に約80属1750種、アヤメ属(Iris L. (1753))は北半球の温帯に約220種が分布します。

 根茎から匍匐枝(stolon)を伸ばして群生します。葉は、鮮緑色で光沢のある長さ30~60cm程の剣型をしています。扇形に葉を付けます。単面葉(unifacial leaf)で、裏表の区別が不明瞭です。斜立した花茎は30~70cm程になり、先を分岐させて総状花序をつけます。

 花期は4月から5月頃まで。花は、萼に相当する外花被片と花冠に相当する内花被片を3枚ずつ付けます。外花被片の縁は細かく切れ込んでいて、中央部に橙色の突起があります。黄色の周囲を青紫色の斑点が囲んだ模様を付けます。内花被片は外花被片より小型の長楕円形で、先端は浅く2裂します。

 雄しべは3本。雌しべは1本で、先端が3裂する花柱枝です。一日花です。中国産種は種子繁殖を行いますが、日本野生種は染色体が3倍体(triploidy)であるため種子はできません。株分けの栄養繁殖(vegetative reproduction)を行います。染色体数は、2n=24,28,34,36,54,56。

 類似種に、薄紫色で小型種のヒメシャガ(姫射干)Iris gracilipes A. Grayがあり、準絶滅危惧(NT)とされています。

Japanese common name : Syaga
e0038990_10204090.jpg
Iris japonica Thunb.


シャガ(射干/著莪)
別名:コチョウカ(胡蝶花)
アヤメ科アヤメ属
学名:Iris japonica Thunb.
花期:4月~5月 多年草 草丈:30~70cm 花径:3~5cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Iris : 虹/アヤメ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から12.50km 諸岡山(Alt. 92m) 2006.04.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 21 April 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-21 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3284688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ウラシマソウ(浦島草) カキドオシ(垣通/籬通) >>