ウラシマソウ(浦島草)
 ウラシマソウ(浦島草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草です。北海道南部から九州にかけて分布する日本の固有種です。和名は、花序から伸びる付属体を昔話「浦島太郎」の釣り糸に、葉を腰蓑に見立てたものです。

 サトイモ科(Araceae Juss. (1789))は、115属2000種以上が熱帯を中心に分布します。テンナンショウ属(Arisaema C.F.P. von Martius (1831))は、東アジア、東南アジア、北米、メキシコ、アフリカ東部などの熱帯や温帯に約150種、日本には約30種が分布します。テンナンショウ属は12節に分類されます(Murata 1992)。

 扁球形の球根(球茎)に子球を着け、根を出します。この球根・新芽・実にはサポニン類似成分が含まれ有毒です。食べると嘔吐や腹痛皮膚炎を起こします。雌雄偽異株という性質を持ち、性転換を行います。栄養状態が悪く球根が発達しない状態では雄株となり、発達すると雌株になります。花粉だけを作る雄株と異なり、結実させるには良好な栄養状態が必要で、その為に成熟した個体が雌株に性転換する事になります。

 葉は根生します。複数枚あるように見えますが1枚です。鳥の足のように深裂する鳥足状複葉1)です。葉柄は10~40cmで偽茎です。倒披針形の小葉は11~15個あり、頂小葉の長さは10~25cmになります。葉は、花よりも高い位置につきます。

 花期は、3月から6月頃。10~20cmの花茎を伸ばし、暗紫色の仏焔苞2)を付けます。長さは10~18cm程です。仏炎苞の上部には褐色でフードのような舌状の舷部があります。仏炎苞の中に肉穂花序3)を付けます。そこから糸状の付属体が伸びて垂れ下がり、長さ30~50cmになります。ほとんどの場合、仏焔苞より上にある葉まで上がり、そこでもたれ掛り、先端を垂れ下げます。

 虫媒花です。雄花の総苞には虫の出口が下部に用意されていますが、雌花の総苞は出口がありません。花粉を付けた虫が長く留まるようにする構造です。食虫植物ではありません。秋に仏炎苞が枯れて赤色の果実が現れます。液果で、トウモロコシのような集合果です。鳥類による種子散布が行われると考えられています。栄養繁殖と種子繁殖が行われます。染色体数は、2n=28。

 類似種に、ナンゴクウラシマソウ(南国浦島草)Arisaema thunbergii Bl. subsp. thunbergii や、矮性のヒメウラシマソウ(姫浦島草)Arisaema kiushianum Makino があります。また、仏焔苞に長い付属体のないものはマムシグサ(蝮草)Arisaema serratum (Thunb.) Schott か、その仲間です。 参考→スルガテンナンショウ(駿河天南星)

1)鳥足状複葉(とりあしじょうふくよう):葉身が2個以上に全裂した小葉があり、柄が鳥の足のように分かれている葉(pedately compound leaf)
2)仏炎苞(ぶつえんほう):仏像が背負う火炎状の光背を例えた名称。肉穂花序を包む大形の苞葉(spathe)
3)肉穂花序(にくすいかじょ):太い肉質の中軸の周囲に無柄の小花が密生するもの(spadix)

Japanese common name : Urashima-sou
e0038990_1013063.jpg
Arisaema thunbergii Blume subsp. urashima (H.Hara) H.Ohashi et J.Murata
e0038990_1013214.jpg
鳥足状複葉 複数見えるのが小葉

e0038990_10133565.jpge0038990_10134921.jpg
糸状付属体が伸びるのが特徴

e0038990_1014884.jpge0038990_1014198.jpg
左:雄花総苞下部にある虫の出口(開口部) 右:果実は液果で、種子は直径3~6mm


ウラシマソウ(浦島草)
サトイモ科テンナンショウ属
学名:Arisaema thunbergii Blume subsp. urashima (H.Hara) H.Ohashi et J.Murata
花期:3月~6月 多年草(球根) 草丈:30~60cm 苞長:10~18cm 花序長:30~50cm

e0038990_2122812.gife0038990_10353896.gif

【学名解説】
Arisaema : Arum(植物名)の一種(aris)+haima(血)/テンナンショウ属
thunbergii : Carl Peter Thunberg (1743-1828)に因む
Blume : Carl Ludwig von Blume (1796-1862)
subsp. : subspecies(亜種)
urashima : ウラシマソウの略(日本名)
H.Hara : 原 寛 Hara Hiroshi (1911-1986)
H.Ohashi : 大橋広好 Hiroyoshi Ohashi (1936- )
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
J.Murata : 邑田 仁 Jin Murata (1952-)
---
Juss. : Antoine Laurent de Jussieu (1748-1836)
C.F.P. von Martius : Carl (Karl) Friedrich Philipp von Martius (1794-1868)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から12.50km 左岸土手及び丘稜地 2006.04.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

22 April 2006
Last modified: 8 April 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-22 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3293842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハナミズキ(花水木) シャガ(射干/著莪) >>