クサイチゴ(草苺)
 クサイチゴ(草苺)は、バラ科キイチゴ属の半常緑低木です。本州から九州にかけて分布する在来種で、アジア東部の中国や朝鮮にも分布します。木本なのに草と名が付けられているのは、見た目に丈が低く地を這う形状が草に見えるとか、地上茎の寿命の短さが草のようだからと言われています。

 バラ科(Rosaceae Juss. (1789))は、ほぼ全ての大陸(南極を除く)に、107属3100種が分布します。キイチゴ属(Rubus L. (1753))は、北半球の寒帯から温帯地方に多く、南半球の熱帯山岳地区、北極圏と太平洋の島々にも分布し、400~500種あります。日本には8亜属70種が自生します。

 地下茎を広げて茎を出します。這った茎は途中で立ち上がり20~60cmになります。短毛が密生しています。葉は互生する奇数羽状複葉で柔らかです。5小葉の羽状複葉で、花茎には3~5枚の小葉を付けます。卵状披針形で鋸歯があります。長さ3~7cmで先端は尖り、両面に毛があります。中脈と羽軸には棘があります。萼片は花弁より長く、先が細く尖ります。

 花期は4月から5月頃。花は離弁花で、白色で楕円形の花弁5枚を平開させ3~4cmになります。雄しべは多数。葯は白色で、やがて黒くなります。果実は核果の集合体で直径約1~1.5cmになる液果です。雄しべ1本につき1個の核果を作ります。果実は生食でき、ジャムや果実酒にも利用されます。動物が食べて種子を散布する動物被食散布(endozoochory)が行われます。染色体数は、2n=14。

 類似種に、ハチジョウクサイチゴRubus x nishimuranus Koidz.、マルバクサイチゴRubus hirsutus Thunb. var. simplicifolium Makino、ヤエザキクサイチゴRubus hirsutus Thunb. f. harai (Makino) Ohwiがあります。

★  ★  ★

 野草観察は、花と名前を一致させる事から始まります。初めて出会ったものは、これに時間が費やされるかもしれません。もう少し学術的に進むと、同定作業になります。同定は難しい問題をはらんでいます。同じようだけど同じではない事があります。細かい観察が必要になります。ただ単に名前を知りたいと言う事であっても、資料がなければお手上げです。人から教えてもらったものでも、自分で確認する事が必要になります。

 この日本語カタカナの名前は標準和名です。国際的には通用しません。お互いが、その国の名前を使うと混乱するからです。そこでラテン語の学名が登場します。しかし、世間話をする程度なら和名で充分です。その場合でも、草と名が付いていても木本(樹木)であったりするので、思いこみは排除しないといけません。

Japanese common name : Kusa-itigo
e0038990_21555526.jpg
Rubus hirsutus Thunb.

e0038990_21563735.jpge0038990_21565822.jpg
花弁は5枚。萼片5個は花弁より長く、先が細く尖る。

e0038990_2157433.jpge0038990_21575639.jpg
左:花弁が脱落した若い果実 右:果実は核果の集合体


クサイチゴ(草苺)
別名:ワセイチゴ(早稲苺)/ナベイチゴ(鍋苺)
バラ科キイチゴ属
学名:Rubus hirsutus Thunb.
花期:4月~5月 半常緑低木 樹高:20~60cm 花径:3~4cm 果期:5~6月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Rubus : ruber(赤)/キイチゴ属
hirsutus : 粗毛のある・多毛の
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.04.07
花沢山(Alt. 449.2m) 2015.05.18
満観峰(Alt. 470m) 2015.06.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

26 April 2006, 16 June 2015
Last modified: 20 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-26 00:00 | | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3308188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 駿河木の家日記 at 2006-04-27 13:13
タイトル : 内輪の話・・・蛇イチゴ
いつも拝見しているブログ・Amarantine~永遠の花~に蛇イチゴの記事が載っていましたが、私の想い描く 蛇イチゴではなかったので、急遽、あの懐かしい私の蛇イチゴを探しに、旅に出ました。 先日の日曜日のことです。この日は、小雨が降っていて、蛇イチゴ探しには、もってこいの日でした。蛇イチゴは、 川の淵や橋の下の日陰に咲いていたような覚えがあり、その記憶だけをたよりに旅立ちました。 家を出て、しばらくするとその条件にピッタリの場所がありました。小川に小さな橋が架かっていて、しかも日陰には ドク...... more
Commented by surugaki at 2006-04-27 13:13
草いちごですか。すっきりしました。先日から悩んでいたのです。ありがとうございました。
その悩んでいた記事をTBさせていただきました。
Commented by pianix at 2006-04-27 22:27
surugakiさん
早速拝見いたしました。でも「植物師匠」と書かれていたので
冷や汗が出ました。私は植物音痴です。正直に言いますと、
方向音痴でもあります。
今の季節は、このクサイチゴが大繁殖していますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハルジオン(春紫菀) クロボシツツハムシ(黒星筒葉虫) >>